<   2018年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

再び検査へ

夜間に37度台の熱が出て頭痛や倦怠感もあり、今日も仕事を休んだ。
解熱剤を飲まなければ何処まで体温が上がるか、試したら7度6分まで行く。ネットで気管支炎を調べるも原因はウイルスで、対症療法しかできないとある。それなら抗ウイルス剤で叩けるインフルの方が早く治るじゃないかと思う。インフルじゃないのにこのまま身体を動かせない微熱が続いたら何日休めばいいんだ。予防接種しているので熱が38度にまで上がることはないだろうが、もう一度再検査して来ようと家を出た。
結果は見事に黒!インフルエンザB型だった。そうだろうよ、いつもの風邪と違うなぁと思っていたんだ。タイミングの問題だったらしい。昨日は偽陰性だったんだ。それにしてもインフルというのはウイルスが身体の中である程度に増えないと確認できんのかねぇ。それまで待つのは辛い。予防接種していなければいきなりガーンと高熱が出て、私みたいな時間と手間のロスはなかったと思うと予防接種もなぁ、とも思う。でも、断然、症状は軽いんだろう。薬局で私と隣に座った体温38度のおばちゃんは別の密室へ連れていかれ、二人して「これでもか」とばかりにイナビルを吸いまくった。薬局のお姉さんに「そこまでしなくてももう充分入ってますから大丈夫です」と軽く笑われたが、隣のおばちゃんは「少しでも…」と言いながら奮闘し続けていた。頑張れ、イナビル!

[PR]
by zuzumiya | 2018-01-17 12:49 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)

院内妄想

インフルエンザB型なんだろうな、と半ば諦めて病院の待合室にいた。うちのクラスではすでに4人がインフルエンザB型に罹っている。診察が終わって隣に座った少年は母親との会話からインフルエンザB型罹患者だとわかった。ゲゲッ。向こうもこちらもマスクはしていたが、隣に当のインフル患者が座っているというだけで何だか緊張して普通に呼吸ができない。できれば直ちに席を立ってなるべく遠くに行きたいが、小心者の私にそんな露骨なまねはできない。そういう目で周りを見回すと、病院は保菌者だらけである。何処へ逃げても菌やウィルスがうようよしている。左隣の背の高い若い女性はこの寒いのに素足にジャージ姿で、いかにも「さっきまで寝てました」感を漂わせ、自分の風貌なんぞもはやどうでもいいくらい具合が悪そうである。トイレに立っただけなのに「もしやノロウィルスでは」と小心者は勘ぐる。「どうしよう、ノロとインフルに挟まれた!」と脳内は勝手にパニックになる。冬場の病院ではよくこういう妄想に悩まされる。ありませんか?こういうこと。
で、ひとしきり妄想で悶えてからふと気付く。インフルだったら、一週間は休みだなぁ。休みは嬉しいな、読めてない本を読もうかな、映画もちょこっと観ちゃおうかな。でも有給1日しか残ってないから給料に響くなぁ。もし、インフルじゃなかったら、園長が今日の4時半から来てくれと言ってた(超きびしくね?)から行く羽目になるのか、嫌だなぁ辛いなぁ。どっちがいいんだろう…。ううう、どっちも選べない。と言いつつ、どっちかっていうとやっぱインフルかなぁ、と怠け者の私が出る。運命に任せるしかないか。
で、結果は白。風邪からくる気管支炎だった。園内でインフルを広げた極悪人というレッテルを貼られなくて済んだのはいいが、この弱った身体でまたしても目に見えぬインフルの脅威に怯えて生活しなくてはならない。次こそインフルの波をまともに受けてしまいそうだ。インフルでなくて良かったようなちと惜しかったような、どっちつかずのへんな気持ちで病院を後にした。
その後、園から電話があって4時半からの出勤はなくなった。そりゃそうだろう、具合が悪いって早退したんだから、もう。




[PR]
by zuzumiya | 2018-01-16 19:05 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)

山本ふみこさん、読んでます。

私の読書や映画鑑賞は現実逃避だと十分自覚している。本や映画の世界にどっぷり浸って忘れてしまいたいほどのいまいましい日常なのか、とあらためて自分に呆れることもある。しかし、本で言えばエッセイ、映画で言えばドキュメンタリーにおいては、今生きているこの日々の暮らしの隅々にもう一度光を当ててその価値を見いださせてくれるような、今こうしてあることが何より幸せなんだということを再確認させてくれるような効果をあきらかに期待して選んでいる時もある。そういう嗅覚を私は持っている。もっと言えば、読んでいる途中に何度も本を置いて、自分でもなにか書きたくてしょうがなくなってくる、そういうそそられるエッセイを私は自然に選べている。出会えている。そうやって、いろんな人からたくさんの刺激や影響を受けて書いてきた。で、今回は山本ふみこさん。エッセイストであり、カルチャーセンターの講師であり、武蔵野市の教育委員でもある。料理や台所仕事から子育てにまつわるお話が多い。平松洋子さんと少し攻め位置がかぶる《丁寧な暮らし》推進派とでも言おうかな。タイトルに惹かれ、装幀に惹かれてミシマ社の『家のしごと』を読んだ。短いのでサラリと読めて「ああ、そうだった」と後からホンワリくる。ブログを更新していない、日々のいろいろを書かなくてもいられた自分をあらためてどうしたもんかなぁ、と思っている。
※『ふみこよみ』、『忘れてはいけないことを、書きつけました』読んでます。


[PR]
by zuzumiya | 2018-01-08 16:54 | わたしのお気に入り | Trackback | Comments(0)

あけましておめでとうございます。

去年は後半、ほとんど更新をして来なかった。パソコンがいかれてしまったこと、iPadで書かなければいけない面倒がその要因として大きいが、単に更新しなくても生きていける怠惰か諦めかに心が占領されていたからだ。思い起こせばいろいろなことがあったたし、その都度いろいろな考えも想いも過ぎったはずだが、ここに書くには至らず、日々は流れるに任せた。仕事以外に好きな読書をして音楽を聴き、部屋を自分なりに飾って、映画を見ていればそれで幸せなのが私である。今年も同じように過ぎていけばいい。変わりたくない、留まっていたいと思ってもそうはならないのも知っている。
今年は来月に息子が家を出て行く。フィアンセと一緒に暮らすのだ。ついに広い家に夫婦二人だけとなる(猫が二匹と金魚も二匹、どじょう一匹がいるが)。息子は戌年で犬を飼うらしい。娘は去年からアメショを飼い始めた。みんな自分以外の誰か何かのために気持ちや労力を注げるようになってきてよかった。私の日々は変わらずを望むが、今年の目標は52にしてようやく〝貯金〟となった。今までお金のことにずっと無頓着であった。宝くじも買わないし、ギャンブルもしない。化粧品やらブランドに拘ることもない。なのに、お金を意識して貯めようとはしてこなかった。いつでもカツカツだったがガツガツしない人生だった。そういうお金に対して薄い認識からもう少しだけ気を入れて頑張ってみる意欲を持とうと思う。そしたらこの私がどうなるのか、楽しみでもある。と思ったそばから、息子の巣立ち。冷蔵庫の購入を助けてやることになった。どどんと金が出る。崩れても立て直してみせる。
明日から仕事。今日はドキュメンタリーを二本観た。ターシャとギーガ。天国と地獄であった。



[PR]
by zuzumiya | 2018-01-04 16:25 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

最近、花を買ってます?
at 2018-04-17 20:53
エプロンのたすき
at 2018-04-15 20:10
馴染んだものを捨てる時
at 2018-04-11 23:55
お持たせ袋の定番は
at 2018-04-08 15:36
窓の灯り
at 2018-04-08 12:01

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧