2017年 09月 06日 ( 1 )

夏が来れば思い出す

私は昭和な女なもので、夏といえば蚊取り線香で、ボディーシャンプーといえば、シーブリーズなのである。髪の毛だって、どんなにごわついたって揃えのシーブリーズのリンスインシャンプーで洗う。神奈川生まれだが、別に湘南のサーファーだったわけではない。でも、それでも、私にとっての夏のシャワーにはシーブリーズの爽快感が絶対欠かせないのである。で、問題は、今の季節。日中は残暑の名残でまだまだ汗をかくが、朝方はタオルケットじゃ寒くて寝てられないようなこの時期。昼間は蝉が鳴き、夕方にはコオロギたちの大合唱となる今頃。ほとんど夏の終わりかけのこの時期に悩ましいのが洗面所の戸棚に残っているシーブリーズの詰め替え用パックなのである。9月の声を聞いて、浴室のボトルにはほぼ満タンに入っていて、戸棚にもうワンパックずつ残っていることの焦りったらない。気候が涼しくなってからのシーブリーズのメントールの冷ややかさほど調子っぱずれな頓珍漢なことはないのである。シャワーを浴びるたび「ちがうなぁ」とうめかねばならないことの情けなさ。シーブリーズはカブトムシの飼育ゼリーと同様、夏の盛りのあくまで季節商品なのである。なんとしても10月までシーブリーズをもたせるわけにはいかないのである。
[PR]
by zuzumiya | 2017-09-06 22:36 | わたしのお気に入り | Trackback | Comments(0)


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

最近のお買い物から。
at 2018-05-16 21:56
サービスってやつは。
at 2018-05-10 21:49
保育格差ってあるよね
at 2018-05-08 23:03
キュアな戦士
at 2018-05-06 21:02
「子どもなんて」
at 2018-05-06 18:27

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧