2017年 01月 14日 ( 2 )

灯油代金、なんでこんなに違うんだろう

寒くて灯油の減りがハンパない。毎週末、赤い灯油タンクを1缶(18ℓ入り)車のトランクに入れて買い物に出る。行先は近場のガソリンスタンドだが、これがおかしなことにスタンドによって値段が大いに違うのである。今、車で玄関先に灯油を売りにくる場合の値段は18ℓで1580円である。ガソリンスタンドでは普通、配達の手間賃がないからこれより安いはずだ。ところが、うちの近くのコスモ石油のスタンドでは、なんと1620円とデカデカと電光掲示板に出ている。「こりゃ、高い!」と別のスタンドを探すと、大きな街道沿いのエネオスでは1512円。しかし、その反対側のエッソでは1368円。「それならもっと安いところがあるかも」と欲を出して車を走らせると、あったあった!さきほどのエッソの近く、二つの街道の交わる角に同じくエッソの看板があって、灯油の値段はなんと1332円であった。今まで見て回ったガソリンスタンドで最も安い。昨年暮れのジョイフル本田の980円は驚異的な安さだったが(現在は1278円)、ガソリンスタンドでは最安値である。しかし、スタンドの距離的にはそう変わらないのに、なんでこうも値段の幅が生じるのだろうか。このからくりを知っている人がいたら教えて欲しい。
夫はあまりの安さに興奮して手が震え、1000円札を機械にうまく入れられず、機械の音声がそのたびに「お金を、お金を、お金を、入れてください」と繰り返し、「安いからって、がっつくな」と機械を叱っていたので笑ってしまった。後で「“お金”、“お金”って卑しいだろ? ふつう、“料金”だよな」と言うので、その通りだとまた笑ってしまった。
[PR]
by zuzumiya | 2017-01-14 23:26 | ちっちゃい器で生きていく | Trackback | Comments(0)

階下のクシャミ

さすがに寒中だ。日本列島全体を非常に強い寒波が覆っているという。日本海側はもちろん、名古屋など近畿地方でも雪が降っているらしい。東京も朝方は晴れていたが午後になってどんよりと曇ってきてしまった。日差しがないだけで寒さがずいぶん違う。
昨日から少し喉が痛んでいる。保育士の職業病か喉からまずやられる。離れて住む娘からはインフルエンザのB型になってしまったとメールが来た。午前中に駅前の眼科と図書館から帰ってきてからは電気毛布を仕込んだベッドに横になり、ファンヒーターをがんがんつけて静かなピアノ曲を流しながら、休日のお楽しみの本を読んでいる。川本三郎の『あのエッセイこの随筆』が面白い。永井荷風が焚き火を好んだとか、大佛次郎が生涯に猫を500匹飼ったというのを見つけてニンマリする。さっき立て続けにクシャミが5回も出た。どうやら本格的に風邪を引き込んだようだ。そのあと面白いことにしばらくたって、今度は階下の夫の部屋の隅からやっぱりクシャミが立て続けに3回、くぐもった音で聞こえてきた。窓の外は曇り空。ガラスの下半分の結露が朝からまだ乾かずにある。洗濯物が揺れているから外は風も吹いてますます寒そうだ。久しぶりの冬の曇天の薄暗さのなかにいて、階下の家人のクシャミの、そのくぐもった音に妙に冬らしい人の温みをのどかに感じている。

[PR]
by zuzumiya | 2017-01-14 13:34 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

最近のお買い物から。
at 2018-05-16 21:56
サービスってやつは。
at 2018-05-10 21:49
保育格差ってあるよね
at 2018-05-08 23:03
キュアな戦士
at 2018-05-06 21:02
「子どもなんて」
at 2018-05-06 18:27

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧