好きなおもちゃで自由に遊べない

今日、こんなことがあった。
早番で、ある子ども(2歳児クラスのすでに3歳になっている男の子)がミニカーで遊びたいと言い出した。早番でのクラスは最初に幼児も乳児も3歳児クラスに集合し、しばらく遊んで乳児が増えてくるとその後、幼児と乳児に分かれて保育する。乳児の早番は1歳児クラスに移動となる。玩具は当然のことながら1歳児用のものしかない。絵本、井形ブロック、レゴブロックなどである。ミニカーはあるがトミカのようなものではなくプラスティックの大きめのはしご車やらトラックやらで赤ちゃんぽいものである。
男の子は最初の3歳児クラスで遊んでいたトミカでもっと遊びたいのであった。
3歳児クラス以外には一時保育の部屋にそのトミカがあった。どうして彼がそれを知っているのかといえば、遅番に限って2歳児クラスは一時保育の部屋に玩具を借りに行っているのである。トミカだったり、プラレールだったり、トーマスだったり。私は最初、彼にパトカーが欲しいとねだられた時、てっきり3歳児クラスのトミカだと思っていた。それに、彼が早番時に乳児クラスに移動になる際に、お気に入りのパトカーを手離さない時には「持ってっていいから。あとで返してね」という対応をして泣かずに行かせてきた。彼の「ミニカー欲しい」にはこういう背景がある。
で、ここのところ、毎日早番時にミニカーで遊びたいと主張して、遊べるなら泣かずにすんなり母親とも離れられ、ねだられている私は毎回、早番の正職の先生に「ミニカー持ってきてもいいですかねぇ」とお伺いをたてていた。先生によっては「いいよ。〇〇クラス(一時保育)のミニカー持ってこよう」とすんなりなり、子どもにねだられていた手前、ほっと胸をなでおろしていた。ミニカーがあるため、彼だけでなく他の子もうまく親と離れられ、朝の機嫌も良く、さほどのケンカもなく遊べていた。
で、今日。いつものように彼がミニカー欲しいと言い出し、早番担当にもOKを貰い、一時保育の部屋にトミカを取りに行った先の廊下で2歳児クラスの担任にばったり出くわした。担任は「えッ?早番の時も借りに行ってるの?そんなの知らなかった」と驚いた様子。早番の先生に承諾を得ている旨を説明しても不服な顔をして「トミカは〇〇組のおもちゃだよ。なんでお部屋のおもちゃで遊ばないの!」と怒り出した。当然の事ながら彼は泣き出してしまった。私が「とりあえず、今回はOK貰っているので持っていくって事で、毎回じゃないことはもう〇〇先生(早番の先生)と約束してきましたからすみません」ととりなしてトミカを持って行った。
部屋に着いて、彼が泣いてる件の話を早番の先生に伝えると「担任の〇〇先生には私からも言っておくからね、大丈夫だよ」と彼は慰められ、早速トミカで遊びだした。ところが、いつも彼とトミカを走らせたり、ブロックで駐車場を作ったりして遊ぶ私が今日に限って他の子に膝に乗られ絵本を何冊も読まなければならなかった。そのうち彼と友だちたちは自分のTシャツにトミカをたくさん入れて持ち運ぶ遊びをやり出して、その姿をたまたま見かけた先ほどの担任が「そんな遊び方は違うでしょ。走らせたり、駐車場作ったりするんじゃないの?そんなことしてるんなら、トミカ返してくるから」と怒った。早番も「ごめんごめん。先生、そういう遊び方してたとは知らなかった。〇〇先生の言うとおりだわ。ハイ、トミカしまって」と同調した。そして大人2人によって決められた事は絶対で、有無を言わさず片付けとなった。今度は涙も出ていない。
このやりとり、保育士だったり、保育補助だったり、保育の学生だったり、はたまた保護者だったりのそれぞれの立場でどう思うか聞いてみたい。私は正直、彼が可哀想になった。好きなおもちゃを部屋に持ってくるまでにも文句を言われ、ようやく遊べたと思ったら今度は遊び方が違うと言われ、結局、取り上げられる。一緒に遊んでいた他の子どもたちもとばっちりをくっている。遅番で使っていて、どうして早番には使ってはいけないのか。その違いは何なのか、子どもにキチンと説明できるのだろうか。2歳児クラスだが本人はもう3歳児の発達段階の子が早番クラスの1歳児のおもちゃで、しかも毎日同じもので遊べというのはどうなんだろう。大人の私だってマンネリで、ブロックで何か新しい刺激的なものができないかと毎日頭を悩ませているのに。これまで幼児クラスで遊んでいたことやパトカーを持たせて対応されてきた背景だってある。それにおもちゃでどう遊ぼうが子どもの勝手じゃないのか。シャツで何台包んで持てるか、それだって彼が発見した遊びであり学びである。子どもの遊びはどんどん変わる。その後の遊びで先生お望みの駐車場作りが出てくるかもしれない。
もちろん、正職2人がガチッとスクラム組んでおもちゃを取り上げにかかれば、非常勤の私が「それってあんまりじゃないですか」とは言えない。燻りながらも従わざるをえなかった。何となく気のせいか、子どもに言われるがままにトミカを持ってきた私が考えなしというような空気が漂ってすごく嫌だった。私には彼がわがままなのではなく、大人の場当たり的な判断と大人の都合としか考えられなかった。保育っていろんな意味でホント難しい。




[PR]
by zuzumiya | 2018-09-13 23:53 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://zuzumiya.exblog.jp/tb/238756296
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ロボット at 2018-09-17 18:47 x
おもちゃに限らず、子どもが何か物を手にした時にそこから「子どもの発想力を伸ばす」と「物の正しい扱い方を知る」というそれぞれのねらいは時に保育士を悩ませますね。
今回の場合は、三歳になっているとはいえ、所詮まだ乳児さん。大人の誘導も必要かと。
私がその場を見ていたとしたら・・・、服に入れれば衣類がのびてしまうかもしれない、転んだ時に怪我に繋がるかもしれない、という予測から止めたくなる場面かもしれません。そこからの保育士の行動は、おもちゃを取り上げる ではなく、遊びのヒントを与えて誘導する、ですかね。私なら。
何もかも子どもの発想のあるがまま、は難しいですよね。小さな子どもにも小さなルールを作ること自体は、ある程度必要かと思います。ルールや制限がある中でも子どもの気持ちを受け止めたり引き出したり出来るのがプロなのかな、と心掛けてわたしも日々奮闘しています。
Commented by zuzumiya at 2018-09-19 00:29
ロボット様、コメントありがとうございます。本当に「子どもの発想力を伸ばす」と「物の正しい扱い方を知る」は同時に来ますよね。特に子どもが何かに見立て活動している場合なんかに特にそれを感じます。
今回の話の主要部は遅番で使っていたおもちゃなのに早番では使っちゃダメという全く大人の都合でおもちゃを与える事に対しての「どうして?」という素朴な疑問でした。そこへもってきて、与えたおもちゃを取り上げるということがショックでした。おそらくは最初から担任はミニカーで遊ぶことが面白くなかったのだと思えてしまいます。単純にその場にいた大人たちが「なんで早番では使っちゃいけないんですか」が素直に聞けないところ、担任が仕舞うと言った時に「じゃあ駐車場作って遊ぼうか」と切り替えせないところが連携と言いますか、常勤と非常勤の立場の違いと言いますか、難しいなと思った次第です。
Commented by ひろ at 2018-10-07 23:36 x
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

日々感謝
at 2019-01-15 21:39
遅ればせながら、今年の抱負!
at 2019-01-14 18:40
死にかけのシクラメン
at 2019-01-14 17:47
ラフマニノフのヴォカリーズ
at 2019-01-13 19:23
平屋の夢
at 2019-01-12 19:28

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by zuzumiya at 09:14
はじめまして。 私..
by 保育園の元保護者 at 17:45
by ひろ at 23:36
ロボット様、コメントあり..
by zuzumiya at 00:29
おもちゃに限らず、子ども..
by ロボット at 18:47
鍵付きコメント様、いろい..
by zuzumiya at 17:26
丁寧なお返事ありがとうご..
by 松 at 16:53
付け足しますと、排泄や食..
by zuzumiya at 21:54
> 松さん そうなので..
by zuzumiya at 21:35
はじめまして、松様。担当..
by zuzumiya at 21:32

検索

ブログジャンル

画像一覧