自然の音もいいもんだ

ふと何かで思いついたことを後でブログに書こうとメモもしないで覚えていようとすると結局すべて忘れている。そういうことを何度も繰り返しては「ま、いいか、大したことじゃないし」と諦めている。思いついたこと、感じたことなど、たかが知れている。ブログじゃなくてもツイッターでつぶやいてればいい程度のものである。でも、いまだにガラケイだからツイッターやってないんだよね。あ、今、これを書いていて急に思い出したぞ。
部屋にいる時はほとんど音楽を流している。静かなピアノ曲が多いんだけど、朝はやく起きすぎた時なんかはさすがに音は鳴らせない。で、窓だけ開けて「まだ5時じゃんか」とぼんやりしてると、そのうち何処からか遠くカッコウが鳴いたり、ウグイスが鳴いたりしているのが聞こえてくる時がある。日頃はほとんど感じていないんだけれど、実はいろんな音に囲まれて生きている。鳥の声がこんなに聞こえるなんて自然豊かないいところに住んでいるんだな、とあらためて思ってにんまりする。音楽ももちろん素敵だけど、鳥の声とか木々の葉音とか自然の音もやっぱりいいもんだ。鑑賞に値する。そんなふうに思うのは緑内障でいずれ視力が弱まり、音を頼りに生きていかねばならないからかな。
今朝も起きて窓を開けてたら、ご近所さんの台所から包丁でトントントンと何か刻んでる音がして、これぞ日本の朝だなぁ、いいなぁと思った。マンション住みじゃ聞こえない音だ。平日は忙しく支度しながらのテレビやラジオの音で全然気づいていなかった。エレカシの「東京中の電気を消して」じゃないけど、音を消してちょっと耳をすますこともいいもんだよな。母から揺り椅子を貰って、揺り椅子に座る時は考え事、読書はIKEAの椅子って決めている。何にもしない揺り椅子が心に余裕をもたらしてくれているのかな。今はもう夜だけど、何処からか風に乗って祭囃子の太鼓の音が聞こえてくる。チビッコの夏祭りの練習だろうか。
今日のお買い物:吉田篤弘さんの『雲と鉛筆』、エレカシの新譜、渡辺ペコさんの漫画『1122』の3巻目、北欧っぽい鳥のポストカード、雑誌『散歩の達人』、無印良品のボーダーTシャツ、ベージュのキャスケット、息子の恋人への誕生日プレゼント。
夏が来るとどうしてもモンステラに目が行く。花屋で「ヒメモンステラ」なるものを発見。思わず店員に「これって大きくなりますか」と訊いてしまった。葉は小さいが枝ぶりは大きく広がるそうである。んじゃ、ダメだ。



[PR]
by zuzumiya | 2018-06-09 19:46 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://zuzumiya.exblog.jp/tb/238571579
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

猫あるある
at 2018-07-16 17:04
心配かける飼い主
at 2018-07-16 13:34
ねこのための音楽〜Music..
at 2018-07-15 19:27
愚かな蚊
at 2018-07-14 19:07
ゴキブリとの戦い
at 2018-07-14 05:42

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧