暮らしのまなざし

<   2017年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧




有資格と無資格の保育

今、うちの園はハローワークに保育士の求人を3人出しているが、一向に人が集まらない。待機児童の話から保育士の給料が低すぎることが一時話題になったが、国はたったの2%上げると言っただけだった。給料の低さの話題の際に保育士のハンパない仕事量まで明らかにされてしまったために、潜在保育士はついに職場に戻っては来ず、またなり手も依然少ないままで、どの園も人手不足は解消されていない。おそらくは求人自体は変わらず多いのだから、より条件のいい方、給料の高い方から順に決まっていっているのだろう。金を積まなきゃ、人は動かないのだ。
そういうわけで非常にキビシイ労働を日々強いられているが、人が来ない限りは現場が無理をするしかないので、我々、非常勤のパートたちが時間数、日数を増やしてしのいでいる。しかし、今の現状を考えてみるに、新たに人が来たとて、障がい児を多く抱える、しかもいまだ手のかかる3歳児クラスである。担任たちが障がいについて知識や経験があるのかといえば、「ない」のだそうで、園長も手探りの状態だと白状していた。それなのに子どもを引き受けざるをえないというのは、果たして園にとっても親御さんにとってもよいことなのかどうなのかと思ってしまう。新入りが来たら、いわゆる“加配”と言われる障がい児にマンツーマンで付く保育担当になる。配属先が分かった段階で、給料が安いうえに一筋縄ではいかない障がい児担当となると尻込みする人もいるだろう。知識と経験がないと体力的にも精神的にもつらいはずだ。うちのクラスには少なくとも加配が必要な子が3人もいるのである。私が本来の勤務時間に戻れるのはいつになることやら、と思う。
って、今日の話題はそういう愚痴ではなかった(笑)。
保育士の資格って本当に必要なのかと思ってしまうことについて、今日は書きたかったのである。うちの園では早番遅番の延長時、あるいは日中でも昼食やお昼寝などの時間帯には担任のフォローのために非常勤が入る。非常勤とはパートのことで、二通りあって有資格者と無資格者がいる。この資格の有り無しがごちゃまぜになって一緒に保育しているというのが、実はときどきすごく引っかかるのだ。無資格でも長年保育に携わっているおばちゃんたちというのは、有資格者から見たらどのように扱うべき存在なのかわからない。保育歴から言えば私なんかよりずうっと長い無資格のおばちゃんたち。彼女らには彼女らの「長年、子どもを見てきた」というプライドがあって、それぞれ自分は仕事ができると思っている(フシがある)。ならば、保育に保育士という資格が果たして本当に必要だろうかと疑ってしまうのである。彼女らに言わせればきっと「資格なんか実はいらないのよ。給料のための紙っぺらよ。子どもさえ育てたことがあればいいの」だろう。じゃあ、資格ってなに?何のためにあれだけ勉強して、「遊びとは?」「発達とは?」って研修して、報告書書いて、会議してやってきたのか、ということになる。賃金の差はあるにせよ無資格者を雇って「子どもを育てたことがあれば(実際、育てたことのない人もうちの園にはいる)誰だってできる」みたいなことが、どこかで保育士を社会全体が「子どものお守り」のように低くみる風潮に繋がっているのではないかと思う。たしかに人手不足もあるのだが、いまだに保育士が国家資格の専門職と重く見られないのは、そういう悪循環にある気がする。
もっと言えば、うちの園は例えば早番遅番の延長時はクラス担任が帰ってしまい、子どもの日中の活動や健康状態など簡単な挨拶程度の話は資格の有無に限らずパートが引き受けている(怪我など重大なものは当番の正職が伝える)が、担任が帰った時点で、どこか本来の「今日の保育」は終了して、あとの延長時間は「怪我さえさせなきゃ、それ以上の保育の質は望まない」ふうな、園や正職側の“妥協の感覚”があるのではないかと思う。そうでなければ、少なくとも正職の担任が帰ってしまった後なのだから、責任の所在のこともあるし、有資格者で経験のある保育士をピシッと揃えておきたいはずである。まあ、そこにも人手不足という問題があるのかもしれないが、無資格で長年勤めているというおばちゃんたちの保育に対するいっぱしの発言権が次第に大きくなっていくというのは、どこか違う気がする。
[PR]



by zuzumiya | 2017-04-26 23:15 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)

認めてくれたのかな

今いるこの町に引っ越してきたのがおととしの6月の末。もうすぐ2年になるところでまた庭で不思議なことが起こっている。去年の春は伸び放題が嫌でやたら邪険に切りまくっていた鈴懸の木に白い花が咲いて驚き、それからは雪柳、小手毬、つつじと咲き続き、濃いピンクの薔薇まで咲いて、秋にはおととしには咲かなかったので何者かわからなかった金木犀がついに咲いてくれた。今年はダイニングの出窓の前に植わっている目隠しの木に薄ピンクの花が咲いているのを今日ベランダから見つけ、どうやらハナミズキではないかと思っている(ハナミズキだったらいいのになと思っていた)。もうすぐ2年という頃になって、ようやく庭の植物たちが私たちを主と認めてくれたのだろうか。それとも去年の冬にハナミズキの木に野鳥のための餌団子をたくさんぶら下げてあげたので、糞が肥料になったとか?野鳥を育てたことを木が見ていて、そのご褒美とか?いろいろ考えて、ひとり楽しんでいる。





[PR]



by zuzumiya | 2017-04-23 14:08 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)

私の「今日の人生」

a0158124_2334521.jpg「ねことじいちゃん」の3巻目を買いに行ったら、益田ミリちゃんの新刊の「今日の人生」まで出ていた。即買いする。で、最近は頭が仕事モードになってて書くことも思いつかないので、私もミリちゃんの真似をさせて頂く。
焼き鳥をしようと調理台に立て掛けてあった焼き網をコンロの上に出したら、網の中になんとヤモリがいた!「うわっ」と大声を挙げたが、瞬間「ヤモリは家の守り神」と思い出して、すぐに網を元に戻した。今思えば、昨日は園でトカゲを2匹も見たのだったが、前兆だったのか。それにしても、ひどく驚いたくせに瞬時に冷静に考えられる自分の脳の働きに感心した今日の人生。





[PR]



by zuzumiya | 2017-04-22 16:38 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)

「ねことじいちゃん」に癒される

雨戸を閉めないせいか、休日だというのに朝の5時から猫どもの大運動会が始まる。うるさい。ドアを開けて、だだだっと階段を降りて行った隙に閉め出す。フフフ。

疲れがたまった週末は本も読む気にならない。
映画「永い言い訳」を見てから(小説読み切ってない)、漫画「ねことじいちゃん」を読み返す。作者のねこまきさんのブログを見ようとしたら、なんと3巻目が発売中であることを知る。シャワーを浴びて買いに出るか!

※最近見た映画「ハングリー・ハート」「恋人たち」
ドラマ「おかしの家」

[PR]



by zuzumiya | 2017-04-22 07:57 | わたしのお気に入り | Trackback | Comments(0)

春は部屋の模様替えがしたくなる

新しく人が入るまでたぶん、残業して正職より長時間労働になるだろう。
担任に恩義があるのでできるだけ頑張るつもりでいるが、なにせ障がい児やグレーの子を含めて配慮が必要な子が8人もいるクラスなので、新入園児にきちんと関わりたくても人手が足りなくてストレスが多い。そのうえ、ついにアレルギー性鼻炎を発症してしまった。鼻血が出るほど鼻が出る。
その反動でプライベートでは今度はインテリアにこだわり始めている。来る5月の連休に備えて部屋(10畳)の模様替えを考えている。前々から部屋を「ブックカフェ」のようにしたかった。
1、デスクを取り払って本棚3つを買う。
2、パソコンと食事ができるテーブルを買う。
3、棚板が重さで歪んでしまった格好悪いCDのラックも買い替える。
4、最近、また写真集や雑誌(ブルータスやカーサブルータス等)を買うようになったのでラダータイプの見せる収納棚を買う。
5、無印良品の長押を買ったので、外国旅行で収集したポストカードを壁に飾る。
6、以前買ったアートポスター(私に似た女がコーヒーを淹れている白黒のイラスト・静岡かどこかのカフェのもの)に加えてもう一つミニポスターを買ったので貼る。残りの空間はどうするか、貼ってからまた考える。
7、目にも鮮やかな大小様々な観葉植物(フェイクを含む)を至るところ(吊るしたり、置いたり)に置く。(購入はまだ未定)
8、読書のためのひとり掛けソファを買う(センス重視か座り心地かで悩みどころ)。
9、もちろん、椅子の横にフロアライトも買う。
旅行にも行かない完全なるインドア派なので、音楽と本と植物とコーヒーがあれば何時間でもいられるような癒しの空間を作る。気が変わらないうちに順次、購入は進めていくが、6月のボーナスですべて揃うようにはしたい。ここに書いたからには頑張って働くぞ!
ただし、猫との共存だから猫タワーはあるし、デカイ室内物干しがなんとも困りもの…。
[PR]



by zuzumiya | 2017-04-16 08:24 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)

ドンマイな日々

バレーボールの試合で、大事なところでサーブをミスしても「ドンマイッ」と仲間に向かって声を張り上げ、顔色ひとつ変えずにコートへ戻って行く。観ているこちらは「ドンマイじゃねえよ、どうすんだよ」といつも思うが、ああいう選手の図太さがほしい。
[PR]



by zuzumiya | 2017-04-10 14:36 | ちっちゃい器で生きていく | Trackback | Comments(0)

『フォトグラファーズ・イン・ニューヨーク』で好きになった写真家

a0158124_22425462.jpgこの一週間、正職の先生よりも多く働いた自分にご褒美のフライドチキンを片手に映画を楽しんだ。『フォトグラファーズ・イン・ニューヨーク』。ニューヨークの街を撮り続けている15人の写真家を追ったドキュメンタリー。大学時代の彼が写真を専攻していた影響で映画の中に出てきたウイリアム・クラインやロバート・フランク、ダイアン・アーバスなんかは知っていたけど、新たに好きな写真家を見つけた。ジェフ・マーメルスタインとブルース・ギルデン。どちらもAmazonで写真集が買えるようだが、どちらも一冊、万超えする値段だ。ジェフの『Sidewalk』なんて3万円以上もする。二人ともニューヨークのストリートに出て、街行く人々の流れの中にいて、一瞬を逃さず躊躇せずガンガン撮影していく。ジェフの方は肩に乗ったサルがラッパーのような粋なポーズを決めていたり、デブチワワが新聞の束の上にいっちょ前に仁王立ちしていたり、肥った男性が本をハンバーガーのように口に咥えていたり、彼独特のユーモアと人間の可愛らしさ、おかしみ、温かみにあふれている写真。ギルデンの方は街行く人にいきなり真正面からカメラを構えて背景に一瞬バッとフラッシュをたいて身動きできないところをバチッと撮る。これも彼独特のやり方で彼が選んだ被写体もちょっとエグい魅力の、個性的な顔つき体つきの人ばかり。一瞬の人間の表情がすごく面白い。ギルデンはこの強引な方法で日本のヤクザにも体当たりしてフィルムに収めたというから凄い。モノクロの『GO』という写真集らしいが見てみたい。今やブログには写真がつきものなのに、タラタラと文章ばかりの私のブログ。よく皆さん、読みに来てくださいます。ありがとう。精神的に余裕ができたら是非とも私も写真を載せていきたいです。
[PR]



by zuzumiya | 2017-04-07 22:45 | わたしのお気に入り | Trackback | Comments(0)

アーティストのドキュメンタリーが好き

a0158124_22242493.jpg
新年度が始まった。園長が読みを誤って辞めた人間が予想外に多くて、残った人間で保育をやりくりせねばならない状況になった。私は難しい子が多くいるクラスの手伝いに今週いっぱい入ることが決まっていて残業することになっている。お金にはなるがうまく務まるか非常に不安である。自分は保育士の資格と経験があるから仕事はしているが、適性は疑わしいといつでも思っている。だから、正職を辞めて、パートでのんびり無理せず身の丈でやろうと決めたのに、何故か仕事運が私をより難しい方へ、悩める方へと導いてしまう。休日もクラスのことを考えたり、図書館から紙芝居を借りてきて読みの練習なんてやっていたら、まるで正職の頃と変わらないじゃないかと思い、せめても最後の週末だけは自分らしさを取り戻して楽しもうと好きなドキュメンタリー映画を1本見た。『マドモアゼルC ファッションに愛されたミューズ』という作品。以前にもhuluで『ファッションが教えてくれること』という邦題のアメリカの『VOGUE』の編集長アナ・ウインター(映画『プラダを着た悪魔』のモデルになった女性)のドキュメンタリーを見たが、今度はフランスの『VOGUE』の元編集長セリーヌ・ロワトフェルドの話である。
私の中のある部分はファッションや写真や音楽やアートのようなクリエイティブな世界をこよなく愛している。日芸に進んだのもいずれ日本でMVが盛んになると見越して、作れるようになりたかったからだ。だから、写真家やアーティストたちの伝記や仕事のドキュメンタリーを観ているとなぜか無性に心が弾んできて血が騒ぐ。「こういう世界っていいよなぁ」と50を過ぎても少女のように目をきらめかせて憧れがまだくすぶっている。
フランスの『VOGUE』の編集長だったセリーヌ・ロワトフェルドが10年間の編集長の座を捨てて、自分の頭文字をつけたオリジナルなファッション雑誌『CR』を新たに完成させ世に送り出すまでを追ったドキュメンタリーなのだが、『ファッションが教えてくれること』もそうだったが、もはやアートと呼べるような見事なファッションページを作り出すアイデアが斬新で奇抜でユニークで、観ていて面白くて胸が高鳴る。服を売りたいがための服がメインの宣伝ページではなく、もはや主役の服を超えて、ある物語のワンシーンを作っていて、たしかに服がそれを彩ってはいるが服がすべてを担っていないというようなアートフォトを生み出しているのである。それを仲間内でああでもないこうでもないとやりながら作っていく様はすごく刺激的でスリリングで、でものめり込むくらい楽しそうで、映画を観ながら「私だったらどういう物語、シチュエーションを考えるかなぁ」なんてワクワクする。そういえば、常盤新平さんのエッセイにもアニー・リーボビッツがローレン・ハットンというモデルのヌードを撮りたかったが断られたので、体に泥をかけて「泥を着せた」という話が出てきたが、アートにはそういう自由な発想、心の解放があるから、ムラムラと元気が出てくるのだ。保育を含めて日本の教育のような何かの型にはめたり、個性を重んじるとは口先だけで「みんなで、みんなで」と集団から外れることを良しとしないような世界で日々がんじがらめになっていると、こういう人とは違う斬新さが求められるようなアートの世界の映像を見ると、ほんとに心がスカッとする。だから、時々、私はこういうアーティストたちのドキュメンタリーを見て、「こういう世界を好む自分が好き」と生きる力をもらうのだ。作品を観た直後は「明日から金髪にして保育園に行ったろか!」と一瞬とんでもない気合が入るところもいい。






[PR]



by zuzumiya | 2017-04-02 22:21 | わたしのお気に入り | Trackback | Comments(0)

私の吉田さん

朝からカランコロンと金属の触れ合う音がする。うちのバカ息子がデートに乗っていくアメ車をまたいじりまわしているのかと思って窓から覗くと、朝日に照らされた吉田さんのハゲ頭が見えた。
「吉田さん、頑張ってるな」
吉田さんがスタッドレスタイヤを外していた。それだけで季節感のわかるいい旦那様と私の中でポイントが上がる。シジュウカラが高らかにさえずっている。
吉田さんは向かいの家のご主人である。よく気づく働き者で、毎朝、洗濯物は干すわ、ゴミは出すわ、庭に出て草むしりはするわ、年末なんぞ隣近所でどこよりも早く網戸を洗っていた。私が引越してきた当初、あまりの働きぶりに奥さんが病弱なのかと思ったほどだ。
朝、出勤する時間が私と重なっていて、お互いが玄関の扉を開けて目が合うと、ほぼ間違いなく吉田さんの方から笑顔で「おはようございます」と挨拶してくれる。腰の低いいい人だ。年は60代の中頃か。小柄で痩せていて頭は見事に禿げ上がっているが、まるで福祉関係にでも勤めていそうなおっとりとした物腰で優しい声音で話す。
しかし、しばらくして奥さんは対照的にものすごく気の強い人だとわかった。しょっちゅうガミガミと小言を言う声が外まで聞こえてくる。吉田さんは何やら抗弁しているようなのだが、気が弱いのか小さな声でモゴモゴと喋っていて、聞き耳を立てている私はいつも歯がゆい。「吉田さん、頑張れ!もっと大きな声出せ!」なんぞと心の中で応援している。
去年の夏は酷かった。吉田さんが庭で植え替えをしていて、その姿をリビングから仁王立ちした奥さんが見ていて何やら指示を出している。
「だから違うでしょ、そこに植えてどうすんのよ、もっと右よ右っ!」
しゃがんだ吉田さんがせっせこ言われた通りに直し、これでどうでしょうかと後ろを振り返ると
「だからさ、言われないとわからないわけぇ?いっつもそうじゃん」
と言い放って窓をピシッと閉めた。奥さんのあまりの剣幕に私は「ひょええ~」と仰け反ったが、子どものようにしゃがんでいつまでも土をいじっている吉田さんのハゲ頭に「何を思っているのやら…」と哀れに思った。しかし、次の瞬間「吉田さん、今はあんな風だけど、ありゃきっと、昔浮気でもして、よっぽど奥さんを怒らせたんじゃないか」と思えてきた。私にとっては毎朝、出勤前にベランダに洗濯物を干す天気予報がわりにもなる見上げたご主人でも、もしかしたら奥さんにとっては過去に酷い仕打ちをされたどうしようもないダメ亭主なのかもしれない。そうでなきゃ、あんなに隣近所にまる聞こえの大声で夫をなじるわけがない。「吉田さんとこは奥さんが頂点のカースト制なんだな。あれが世に言う“モラハラ妻”というやつで、うちとは逆だな…」と妙に感慨に浸ったのだった。
うちは吉田さんとこみたいに夫婦の一方が大声でなじるということはなく、やり合う時には日頃のストレスが爆発して、双方が大声を出し大喧嘩になる。夫は女のように口の立つ理論派で、すべて自分が正しいと思って譲らない自信家なので、情というものや「人間だもの」のゆらぎやしょうがなさを認める私のような感情的な人間は歯が立たない。正しさには情の入る隙間がなく、そのうち自分の方が悪いという気にさせられてしまう。
私は妻にうまく言い返せない吉田さんをひそかに配偶者のモラハラと闘う同志とみて、何か事あるごとに二階の窓から覗いては、いつでも優しいまなざしと声援を送っているのである。
[PR]



by zuzumiya | 2017-04-02 10:43 | ちっちゃい器で生きていく | Trackback | Comments(0)

今日の悲しみの果て

自分が思いもよらなかったことで誤解されているというのはものすごく辛いものだ。
今日、ある人にひどい誤解をされていることに気がついてものすごくショックで心外だった。「そんなことはないです。ぜんぜん違います」「誤解です。そう思わせてたならごめんなさい。でも違うんです」と必死に誤解を解こうとしても「いや、絶対そうだ」と言ってガンとして譲らず、こちらの言い分は聞き入れてもらえなかった。
心外なのだが詫びる態度に出ているのに、少しもそれを認めようとしない頑なさによほどのことだったのかとゾッとしたが、人にずっとそんなふうに思われていたなんて、あまりのショックで、ただでさえプライベートでいろいろあるのに50過ぎにもかかわらず思わず涙が滲んでしまった。
最近、ネットでエレカシの宮本浩次を検索すると、同時に「発達障害」やら「薬」やらのワードが並んで出てくる。おそらくは先日の「ワイドナショー」などの場違いな番組での印象なのだろう。確かに音楽番組ですら質問やコメントを振られた際に、例のいつもの髪を触ってグシャグシャにしたり、話が質問からずれてあらぬ方向へ飛んでみたり、興奮して思わず立ち上がってしまったり、ファンであっても「ああ、またやってるけど、大丈夫かなぁ」と思わずその外しっぷりや周囲からの浮き加減にドキドキハラハラしてしまう。若い頃はまだそれでも「チャーミングで面白い人だな」と周囲には思われていただろうが、50を過ぎた中年の今は、やはりバンドの歴も長い大御所なのでもう少し年相応に貫禄を見せて落ち着き払っていてほしいというファンもいるだろう。いわゆる「いじる」方にもそれなりの敬意を含めて発言してもらいたいな、と思ってしまう。人によっては「多少オーバーに面白おかしく、天才の奇人キャラクターを作ってわざと注目を浴びるようにやっている」という見方もあるが、たしかに見られる商売なのでそういう計算みたいなものがあるのかもしれないし、一度ついたキャラクターの仮面は容易には剥がせず、周囲に求められるキャラクターをそのまま演じきるしかないのかもしれないが、彼の場合は「思わず」や「何気ない癖」が多くを占めているんじゃないかとも思う。それなのに「発達障害」やら「薬をやっている」なんてネットに書き込まれたりして、本人や友人、親族が何かのはずみで目にしたらほんとうに辛いだろうな、可哀想だなと他人事でも思ってしまう。
今日もMステでバンド紹介のVTRのところで、お客に「バカヤロ」と言ってイキがっていた若気の至りの頃のコンサートが流れて、ワイプの中の宮本さんの表情が少しだけ暗くなったように見えた。ラジオなんかでもいまだに女性DJに切れた話を蒸し返されたり、そういう過去の失敗、たぶん思い出したくもない自分の至らなさをメディアがエレカシ宮本というと必ず出してくる、ついてまわるのを本人は上辺では「逆に話題作りになってアルバムが売れてよかった」などと笑い話にかえてはいても、やっぱり内心はいい気はしなくて、自分の身から出た錆とはいえ、いつでも後悔していて反省もあって辛いし、できれば触れてほしくない嫌な話題なんじゃないかと思う。メディアはそういう人の失敗、汚点を面白おかしく取り上げたいのだろうが、実に意地悪だなと私なんかは思ってしまう。覚せい剤をやったとか詐欺をしたとかはすぐに忘れて復帰させるくせに。
それにしても今日の宮本さんの歌唱力は素晴らしかった。VTRやタモリさんのコメントやジャニーズのガキタレのチャチャも含めて、ああいう前フリがあったからこそ、「歌で真正面から真剣勝負した」というふうに見てとれた。テレビの前でヒヤヒヤしていたファンも「どうだ、これがエレカシだ!」と大いに溜飲を下げたのではないだろうか。それにしてもどんな人でも、人に誤解されるというのは嫌なものなんですよ。
[PR]



by zuzumiya | 2017-04-01 09:26 | ちっちゃい器で生きていく | Trackback | Comments(0)

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

検索

ブログジャンル