暮らしのまなざし

<   2017年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧




『困難な結婚』読んでも気楽になりませぬ

a0158124_23505628.jpg
なんども書いてきたが家庭内でいろいろあって、もうひと月以上も夫と口をきいていないし、顔も見ていない。そんな中、写真家で『かなわない』や『家族最後の日』の著者でもある植本一子さんが好きだと書いていた本『困難な結婚』(内田樹・著)を読んでみた。それなりの発見も確認もあって、読んでみてよかったと思う。とはいえ、今の家庭内離婚の危機的状況がすぐに解決に向かったというわけではない。「どうしよっかなぁ」はいまだ続いている。
内田さんは本書で<それをすることがあなたにとって、ほんとうにたいせつなことなら、それに相応しい「勢い」があります。>と書いているから、グズグズしている今はまだ結論を出すべき時ではないということだろう。
さて、本書では驚くべき発見があった。<配偶者が変われば、あなたは別の人になる>というところ。ここは読んでいて「嘘でしょ?」と思った。私は今の夫と別れたら、もう誰とも結婚しないだろうと思っている。夫という他人と暮らして家族を作って、もうすぐ子どもも巣立とうとするところでなんだかひどく倦んでしまって、もうこれ以上他人と暮らすのは面倒だと感じている今となっては、私が再び別の男と結婚して嬉々としてその暮らしを楽しむなんてことがあろうはずがないと思う。
内田さんによると<人間の中にはいろんなタイプの「配偶者特性」が潜在的には眠っているということです。だから、どんな人と結婚しても、「自分がこんな人間だとは知らなかった」ような人格特性が登場してきます。いってみれば、配偶者が変われば、結婚しているあなたは別人になるんです。どの人と結婚しても、そのつど「その配偶者でなければそういう人間ではなかったような自分」になります。それはいわば配偶者からの「贈り物」みたいなものです。>ということらしい。
いくら新しモノ好きな私でも、25年以上も結婚生活をした後じゃ「出てくる自分なんてもうないよ、出し切ったよ」とボロ雑巾のように卑下したくもなるが、夫ではない別の男とまた一緒に暮らせば、「え?これがワタシなの?」と瞬きしたくなるようなまだ見ぬ新しい自分が顔を出すのだろうか。スルメかだし昆布のように。でも、なんとなく行く手に希望の光がチラチラ見えてくるようで、悪い気がしないのも事実だ。反対に夫が新しい配偶者を得たとしたら、彼にも「新しい自分」が出来て、それはついぞ私がどんなにこの人生で努力しても出会うことができなかった彼ということで、そう思えばなぜだか少し哀しい気にもなる。
で、あとひとつ。夫婦の倦怠期の話で、内田さんは書く。<自分自身の人生が楽しいと、倦怠期が起きても、それほど致命的なものにはなりません。「倦怠している」人たちというのは、ある種の自己倦怠を病んでいるからです。自分で自分自身のありようにうんざりしている。そして、その倦怠を自分の周囲の人間関係全体に拡大している。自分自身が日々新しい発見にわくわくしながら暮らしていたら、選択的に配偶者についてだけ「倦怠する」ということにはなりません。>
なんかこの<倦怠とは自己倦怠にほかならない>というのは今回いちばんグサッときた。たしかに自分の感じ方なので、自分の心の持ち方のほうに責任がないか、不調はないか、夫婦ともに更年期なのだ、注意すべきところである。この文章の少し前に内田さんはこうも書いている。
<危険なのは、自分自身が社会的にうまくいかないことを結婚関係とリンクさせて説明しようとすることです。「この人と結婚さえしていなければ……」と仮想して、配偶者の無理解や無能を自分自身の不幸の原因にすると、もうダメです。だって、たしかにあらゆる自分の不調は配偶者の無理解と無能で「説明できる」からです。(中略)ほんとうは自分の心身の不調には配偶者以外にもいろいろな原因があるんです。(中略)でも、そういうさまざまな微細な「不調」が加算されて、水がコップのふちからあふれそうになったときに、「最後の一滴」となるのが、だいたい家の中のいさかいなんです。(中略)僕の経験から申し上げるなら、自分の心身の不調は無数の微細な不調の算術的総和によるものです。だからひとつひとつほぐしてゆくしかありません。(中略)配偶者のことは脇において、自分はそれ以外のどういう条件がクリアーされると機嫌がよくなるか、それを考える。そして、それが実現するようにこつこつ努力して、「心ない一言」で「コップから水があふれる」ような危険水域に自分を持ってゆかないことです。>
内田さんは、風邪で寝込んでいる妻に夫が自分の夕飯は支度しないでいいと言ったことで「私のご飯はどうなるのよ」とブチ切れて離婚した知人の話を引き合いにだして上記のことを説明している。妻の腹具合にまで気がつかなかった夫の想像力の欠如はたしかに不愉快ではあるけれど、妻の方がある程度自分の体調を予測して動いていたら、夫を当てにせずに自分の非常用の食料を自分で用意しておくことをデフォルトにして暮らしていたら、離婚に至るような致命的なダメージにはならなかったのではないかと書いている。
うーん、そうだろうか。このあたりは、自分のものは自腹で買って記名してストックしておく今の我が家のやり方みたいで、「まあね、自分が食べるんだから理にかなっているわね」とは思うけれど、ほんとはそうスパッと割り切れない侘しさがある。正しいのだけど正しさにはどことなくやさしさがない、にじむ情がないのだ。男の人はどうも正しいことには気づきやすいが、やさしいことを第一優先にしない。きっと世の中の多くの妻は「風邪で熱があるのに、結婚していて一人暮らしじゃないのに、なんで台所に立ってレトルトお粥をチンしなきゃいけないのよ」と思うんじゃないか。病気なのに気にかけてもらえていない寂しさを「これが私が思い描いていた結婚生活?」と悔しく虚しく思うに違いない。心から納得してそういう準備万端な自立の生活をデフォルトにできていればいいのだが、通常でなく、いざという時に一緒に暮らしている人を当てにしない、できないっていうのはやっぱり女には堪える。「大人らしく自分のことは自分で」という正しさと「それでもやっぱり相手に甘えたい、頼りたい」という情の依存の矛盾が結婚生活には渦巻いているから難しい。
どんなに本を読んでもドラマや映画を見たとしても、自分の結婚にすべてが当てはまって「ああそうか」と思えるものはない。正解が見えてこない。内田さんじゃないけど葛藤のネタが増えただけである。<「葛藤すること」のうちに、最も現実的なソリューションがあるんです。>の言葉を信じて、まだまだ頭を抱えるしかないようだ。ふぅ~。



[PR]



by zuzumiya | 2017-03-05 00:10 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)

こんなCDを聞いてます

a0158124_1331869.jpga0158124_134549.jpgCDの棚をまじまじと見たら、ジャンルを越えてピアノものの多いこと多いこと。すべて単音や和音がぼわわーんと伸びて始まるような瞑想チックな、静かで穏やかで、まるで墨絵のような感じのものばかり。なんで同じようなものばかり買ってしまうのか。私が“雨と休日”という以前、西荻窪にあったCDのセレクトショップ(現在はオンラインショップになっている)のファンということもあるけれど、音楽をかける時というのはたいてい部屋で読書かパソコンで文章を書いている時というのが理由になりそうだ。
っていうか、常日頃その二つぐらいしかしていないのである。読書も文章書きも頭の中では日本語がぐるぐる回っているわけだから、そういう時に耳が日本語の歌詞を拾っちゃうともう読書も文章も一歩も先へ進まなくなる。だから、DJが曲の合間にペラペラ喋るラジオも聞けない。つまりは、私が選んできた音楽は読書と文章書きを邪魔しないもので、そうなると先に書いたような静かなピアノの曲ばかりになるのだ。そしてこれからも私の趣味が広がらない限りは、選ぶ音楽の基準はほぼ「読書と文章書きを邪魔しないものになる」ということに今日、深く気づいてしまった。ああ、そうだったか。
でもね、ほぼと書いたのは、私だって読書や文章書きの合間に掃除をしたり、風呂上がりにクリーム擦り込んだり、ネットショッピングしたりもするわけで、そういう時に流す音楽というのもあるわけで、そういう時は季節に合ったもの、その時の気分に添うものを選んでいるのである。以前にこのブログでも「春の窓ふきにはワルツが合う」とか「蒸し暑い夏の夜こそフィーリンがいい」とか書いた。洋楽だって、エレカシだって実はいっぱい持っている。
で、今回紹介する上記の二枚だが、雪の中の山小屋のジャケットがドイツの音楽家トビアス・ヴィルデンの『ARTIFACTS/SCENES PIANO WORKS』で、素足のイラストの方が森ゆにさんの『シューベルト歌曲集』。トビアスのピアノの音は「雪の結晶のよう」と評されているが、季節や昼夜を問わないと私は思う。B・ENOの『THURSDAY AFTERNOON』並みに鳴っていても読書と文章書きの邪魔にならない美しい作品。森さんは別にオペラ歌手ではないけれど、少女のように素朴にまっすぐにドイツ語で歌っているのがなんだか聞いていて心のふたが開くというか、明るい野原に連れ出されたようで気持ちが軽くなってくる。思わず窓を全開して部屋の拭き掃除をしたくなる。私のなかではそんな春モノの音楽のひとつ。両方ともおすすめです。


[PR]



by zuzumiya | 2017-03-04 14:03 | わたしのお気に入り | Trackback | Comments(0)

保育には正解はないと言うけれど。

園では早番遅番の乳児のフリーという立場で仕事をしている。
フリーなので0歳~2歳までのどのクラスにも同じように入る。過去の園では0歳児や1歳児の担任として勤めて、担任ならではのやりがい、面白み、辛さの経験もあるが、今はフリーという仕事の大変さを感じている。
つまりはどのクラスに入っても子どもの情報(単に持病や身体がらみの話だけでなく、性格や家族環境なども)がわかって保育に対応できなくてはならないのと、親やクラスの担任たちの性格や特徴を掴んでそれぞれのクラスに合わせたやり方に従って動かなければならないという難しさだ。はっきり言って、これが結構面倒である。
担任の人間的なクセ、保育のクセのようなものをキャッチし、「いい悪い」とか言ってられずに(パートなので言える立場でも議論をしあえる時間もないが)「合わせて」いかねばならない。時には子どものことなんかより、担任の保育の進め方に「え?」となりながらも「ハイハイ」と深く考えずに聞き入れて動く。自転車をこぎながら「なんだかなぁ」と思いながらも「保育には正解はない」という大前提のもと、すべてがうやむやになって心の中に澱のようにたまっていく。
今日の2歳児の遅番でこんなことがあった。
ブロックで遊んでいて、お片付けの時間になった。ある男の子(A君としよう)が先生の「お片づけ」の声を聞いて他の子(B君)が作ったブロックに手を出して(こういう悪気はないがお節介な子はよくいる)片付けようとした。瞬間、B君がA君の手を鷲掴みにした。A君はその痛さで泣いた。事情を知らない遅番の正職が飛んできて、まずB君に手を鷲掴みにした事実を叱る。当然な対応だろう。ちょうどそこへA君の母親も帰ってきたことから彼女は事情を説明し謝り、「それならB君、片付けてよねッ」と冷たく言い放って去り、どんどん保育を先に進めていった。それを見た私はB君に「自分で片付けたかったんだよね。手を出すんじゃなくて口で「やめて」と言えばよかったんだよ」と言ってきかせた。B君も泣き出す。B君はクラスでは一度意地を曲げるとなかなか直らない扱いに難しい子と担任からはされているが、「先生も一緒に片付けようか?それともB君が自分で片付ける?」と私が言っても、涙をためて睨んで首を振るばかり。ブロックに私が手を出そうとするとその手をはじく。「先生向こうへ行ってようか?」と聞くと首を振り、「それならそばにいる?」と訊いても首を振る。「じゃあ、どうしたいか先生に教えてくれる?」と言うと、「ヤダ」。しばらくするとそばに同僚のパートがやって来て、ブロックを片付けてくれようとしたが私が手で制した。何度めかの同じ質問でB君はようやく「壊しちゃった」とつぶやいてあらためて泣く。
すなわち、A君にブロックを壊されてしまったことが悔しくて片付けもできなかったのだと分かった。「じゃ、もう一度作ってから片付けようか?」と訊くと、B君は素直にうんと頷いた。「先生も手伝っていいかな?」と訊くとまた頷く。
「こんな感じだったっけ?」「ここはこれでいい?」とやりとりしながら完成させると、B君は今度は自分で片付け始めた。しかし、ここがB君の難しいところ。片付け終わって納得したはずだろうに、私を見る目つきがまだ鋭いままなのだ。すぐにB君の気持ちに気づけなかった私への恨みなのか、と感じた。
この一連の話をパートナーの、無資格だがこの道20年のベテランパートのおばちゃんにしたら、ひと言。「そんなのほっとけばいいのよ。ひとりで考えさせることも必要よ」と言われた。そうだろうか。先のセリフはいかにも百戦錬磨のベテランらしく聞こえがいいが、そして「保育に正解はない」と言われてはいるが、私はあの場合はB君のわがままだと大人が放っておくことは違うのではないかと思う。周りに保育士という肩書きのたくさんの大人が居ながら、よく話も聞きもしないで、すなわちB君の拙いながらも自分なりの気持ちの吐露をさせないで、ただわがままと見定め、ひとり放って置かれることがベストなどとは私には到底思えない。それなら我々大人はいったい何のためにそこにいるのか。ブロックを早く片付けて生活の流れをどんどん先に進めたいがため、か。そんなふうに自分の気持ちをうやむやにされたら、B君はいずれ大人というものを信じなくなってしまう気がする。助けてほしい時に助けてもらってこそ、大人との信頼関係ができていく。
私は放っておかれたB君を想像してみた。他の子たちは先生の前に集まり紙芝居に見入っている。B君だけが離れて床にぺたんと座り、涙も乾き、ぼんやり前を向いて呆けている。頃合を見計らったように現れた大人にひと言ふた言声をかけられ、ブロックを片付けてもらい、促され、腑抜けたように立って連れて行かれる。悔しい気持ちも悲しい気持ちももはやどうでもよくなっている。ただただ、どんより疲れている。こんなふうな虚しい姿が見えるのだ。
B君に「先生向こうへ行こうか?それともそばにいようか?」と言った時、どちらにも首を振ったこと、素直に片付けたとしても最後までどこか私を許せないという目つきで睨んでいたところは、なんだか彼が自分の気持ちをわかってほしいのにわかってもらえてこなかった積み重ねを背後に感じさせた。もしかしたら家でも「そんなふうにいつまでもわがまま言ってるなら、もう知らないからねっ」と親に放っておかれているのかもしれない。気持ちを聞いてほしいのに深いところまで聞いてもらえないで打ち捨てられるその繰り返し。大人に頼りたいのに突っぱねられて心底頼れないもどかしさ、悔しさ、孤独感。そんなものがあの「いてほしくないけどいてほしい」という矛盾した気持ちや鋭い目つきを作ったのかもしれないと思うと、すべての大人を代表してその鈍感ぶりになんだか謝りたい気持ちになる。たとえ早番遅番のパートの保育士であっても、担任じゃなくフリーの立場であっても、20年もこの仕事してきてないけど、私はここぞという時はちゃんとあるべき大人として(「保育士として」とまでは言わない)向き合おうと思う。

※捕食の際には私の隣で笑顔に戻ったB君。あの睨んだ凄みのある顔つきが目に焼きついていますが、これからも難しい子と怖じずに向き合っていきます。


[PR]



by zuzumiya | 2017-03-02 22:24 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧