<   2015年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

大人の事情

今まで何も書いてはこなかったが、実は今年の3月に12人もの職員が辞めていったといういわくつきの園に勤めている。保育園というところは女性の職場なので、ま、女の敵は女と言われるくらいだから人間関係やら派閥やらがいろいろあって、加えてあちらこちらで園長や保護者と揉めたなんていう噂もあり、職員の半分がいなくなる大量辞職につながったらしい。それだけの人数が辞めて、新たに新卒やら他の園からの経験者やらが何とか12人集められ新年度がスタートしたのだが、もう既に幼児でも乳児でも新人からは「パートナーとうまくいかない」「何にも情報がまわってこない、教えてくれない」「冷たい園」「私が正しいんですって、何でも押し付けられる感じ」という不満の声が出ている。
12人も辞めたので、園側というか残った人たちの側も非常に苦しんでいるのは想像できる。残った人たちのなかで、リーダーとしての才覚、能力云々の前に全員がリーダーにならざるを得ない状況だろうし、園の保育や方針を知らない新人たちがどっと入ってくるので何とかして保育の方針、体制を崩れさすことなく存続させて行かねばならない。しかし、その焦りや余裕のなさが年度はじめの忙しさに加わって、現職員の新人に対する言動にある種の冷ややかさ、中途半端さを生んでいるのは事実だと思う。
余裕がないから細かく丁寧に指導できない、初めて任されるリーダーとしての責任のために、自分の仕事が最優先で手一杯になり、新人に会議の情報や予定を知らせるのを忘れていた(遅れてしまった)、なんてこともある。何も分からない新人はどうしたって待つ態勢で、いきなり「あさってまでにこれを書いて」と言われてびっくり。仕上げれば仕上げたで、もちろんリーダーのチェックが入り、そのリーダーの保育書類らしい語尾や表現の重箱をつついたようなチェックを全てクリアしたのち、更に上のリーダーのチェックですべてひっくり返るなんてことはざらにある。そういうすべての経緯を客観的に考えてみても、リーダーとしてクラスを仕切り、下を育てるのが初めてで大変なのは重々わかるけど、「この人について行くのはどうにも不安だ」と思われても仕方がない。
新人たちがいちばん悔しいと思っているのは、そういう半端なリーダーに「新人はできない、使えない」と自分のリーダーぶりを棚にあげて言われたり、噂されたりすることで、新人たちには個人面談でもないかぎり、新人の抱えている思いや疑問や言い分をぶつける場がないことだ。それは新卒でなく他の園からの経験者も同じ。たとえ保育経験の豊かな経験者でも新人とリーダーが争った場合、園側は絶対リーダーの肩をもつと予想できてしまう。なぜなら、リーダーが辞めるなんて言い出したら、またしても園の保育、方針をわかっている大切な人員が減ってしまうからだ。
なんだか、厄介なところに来てしまった。子どもはかわいい。健気でせつなくなる。
大人の事情で子どもたちの表情が暗くなる(荒れる)ことがないよう、気をつけていかねばと思う。
[PR]
by zuzumiya | 2015-04-29 17:37 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)

自分への処方箋

a0158124_15451434.jpga0158124_15464642.jpg月曜まで三連休。家のこと、自分のことにようやく気が向ける。
習慣で朝早くに起きたが、久しぶりにベランダにしゃがんでじっくり花の手入れができた。
植物をいじっていると、休日の朝らしいゆったりとした心地いい音楽が欲しくなる。
大人になっていちばんうれしいことは、こういう自由を手に入れられたこと。
でも、それは同時に大人として“どうしても必要なこと”でもある。社会人として、明日をまた前向きに笑顔で生きていくために、自分で自分のコンディションをリセットしなければならない。誰かに愚痴のメールを送るより、自分ひとりで自分を立て直すこと。
昔欲しかったラドカ・トネフのCDと新たに発売されたステファノ・ボラーニのピアノソロのCDをネットで購入。DVDを2本見て、これから大好きなフリージアの香りのするルームフレグランスを買いにいく。少しでも気持ちが穏やかに和らいでくれればと願う気持ちは、もはや“自分へのご褒美”なんかじゃなく、“自分への処方箋”だな(笑)。
[PR]
by zuzumiya | 2015-04-19 15:49 | わたしのお気に入り | Trackback | Comments(0)

八重桜の頃

久しぶりの更新だ。
先日、マンションの駐輪場で。「桜も散っちゃったし、今年もまた花見なんてできる余裕はなかったなぁ」と心のなかでぼやいて後ろを振り返ったら、目の前に八重桜のぽってり豊満な姿。
おお!と驚いた。うちのマンションには駐輪場に染井吉野、その先の公園には八重桜が植わっている。
染井吉野ばかりを桜と思って、「桜は散った、終わってしまった」と嘆いていた自分を愚かだと思った。そして、“ずれて咲く”自然の粋な計らいにうれしくなった。
八重桜。染井吉野の清楚な優美さや品とは違い、色も形も過剰で艶やかで強烈なため、どこか野暮ったさのある桜。あまり好きではなかったが、今年はなぜかそんな八重桜に助けられている。八重桜の咲く時期になって、新年度を走る心もどうにかこうにか落ち着いてくる。ようやく、上を向く、空を見る余裕が出てくる。






[PR]
by zuzumiya | 2015-04-18 18:41 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)

道ばたの季節感

最近は忙しくて仕事のことで頭がパンクしそうで、心に余裕がない。
朝、自転車に乗っていて、資源回収の日なのか、家の前に参考書や問題集の類がどかんと積んである家を見て、微笑ましく思った。

毎日、夕飯を食べては眠くなり、深夜に起きて書類を書いたり、受け持ちの子供の今日の記録をつけている。やや発達に気がかりのある子供を担当していて、はてさてどうしたものかと対応に頭を悩ませることが多く、時間があったら専門書を読んで勉強したいのだが、平日はあまりの気づかれでダウンしてしまう。今週は土曜も出勤だ。

仲のいい同僚ができた。メールで励ましあって互いに何とかやっている。

[PR]
by zuzumiya | 2015-04-08 01:17 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)

努力。ひたすら努力。

お久しぶりです。
ブログも小説も映画もなあーんもやらずに、ひたすら保育の勉強中。
生きてます。頑張ってます。ただ正規職員はものすごーく忙しいです。
時間があれば専門書、読んでます。いつの間にか桜が散ってました。
1歳児の担任です。

[PR]
by zuzumiya | 2015-04-05 20:52 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

今を歌え!
at 2017-11-18 15:32
ペットショップの恐るべきおば..
at 2017-11-05 13:55
不眠症かも…
at 2017-10-28 21:53
謝り癖
at 2017-10-25 22:09
母の孤独、私の孤独
at 2017-10-22 15:11

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧