カテゴリ:わたしのお気に入り( 193 )

ゴンチチと栗コーダー

a0158124_964129.jpg私が随筆を好む理由に「日常の本当を描きつつ、日常を慈しむコツのようなものをそっと教えてくれるから」というのがある。音楽にもそれがあてはまり、平凡な日常の生活を何一つ変えることなく、でも浮き立たせて見せて「そうだったのか」と、ささやかな幸福に気づかせてくれる随筆的なものを好んでいる。
たとえば、休日の午後。
ベランダの洗濯物の家族のパンツや靴下がゆるく風に揺れている平凡きわまりない風景も、そこにゴンチチのギターが流れてくれば、のほほんとして微笑ましい幸福の風景に変わる。BGMというと、音楽そのものが独り立ちできない、力がないかのように受け取られがちだが、実はそうではない。
これぞ、音楽のマジック。音楽をメロディと歌詞の総和として、その世界にどっぷりはまって聞き込んでしまうような音楽を「音楽がメイン」の音楽とすると、ゴンチチは、窓をあけたらリビングに吹いてくるそよ風のように、日常生活にすっと入り込む「日常生活がメイン」の音楽だろう。前者にはリアルな日常を超えてここではないどこかへ瞬時に連れ去ってしまう力があるけれど、後者は、このリアルな日常の見え方をちょっとレンズをいじくって変えてくれる力がある。どちらもすごいが、「パンツ=幸福」に見させてしまう音楽の力、肯定感は、もっともっと評価されるべきだと思う。

a0158124_9125853.jpg「栗コーダーカルテット」のCDに出会った。
小学校の音楽の時間に練習させられたあのリコーダー(唾臭かったな)を大人のおじさんたちが懸命に吹いて、懐かしくも愉快で愛らしい音楽を奏でている。聞き込んでどうのこうのと論評したくなるような「音楽がメイン」の方の音楽ではないけれど、栗コーダーの音楽をかけてみれば、あっという間にこの日常がやさしく、いとおしいものに様変わりする。ゴンチチにしてもこの栗コーダーにしても、映画音楽で使われているのには、そういう「空気をやさしく演出する」ような、ちゃんとした理由があるからなのだ。
街や電車のなかで、若者達が聞いている音楽のほとんどがおそらく「音楽がメイン」
の方の音楽だろうと思う。そういう音楽しか生きていくための助けやエネルギーにならないと思っているのなら、だまされたと思って、たまにはこの手の「日常生活がメイン」の音楽をiPodに入れてふらりと出かけてみてほしい。サラリーマンの寝顔も八百屋の店先も道端の名も知らぬ赤い花も愛しさにあふれて見えるだろう。そういう世界に本当は私たちは暮らしているんだってことがしみじみとわかるはずだ。そして、なんだかうきうきとしあわせな気分になって、この日常の、この人生の主人公は音楽を聞きながら今歩いているこの自分なんだって思えてくれば、この世界も自分もあるがままに肯定して、生きていくエネルギーはもう充電されたってことだ。


※栗コーダーカルテッド『アンソロジー20songs in early 10years(1994-2003)』
 ゴンチチ『GUITARS』
[PR]
by zuzumiya | 2010-01-16 00:40 | わたしのお気に入り | Trackback | Comments(0)

『口笛とウクレレ』 関口和之 featuring 竹中直人

a0158124_15235027.jpg突然ですが、「口笛」吹けますか?
小さい頃は吹けていた覚えがあるのに、いま、わたしは吹けません。いつの頃からか吹けなくなりました。夫に聞いてみると夫もそうだといいます。いったいどうしたことでしょう。大人になってわたしは口笛を失していたんですね。心がしんとしてしまいました。
あなたは最近、誰かが口笛を吹くのを聞いたことありますか? 
街角からも口笛は消えてしまいました。世の中がどんどん暗く、厳めしい方向へ向かっているようで、残念です。
ところが、面白いCDを見つけたのです。なんと、その口笛がメインのCDです。
うれしいことに、大人になっても口笛がすこぶる上手な人が残っていたんです。あの俳優の竹中直人さんです。ははん、と納得しませんか? いかにもと、ニヤついてしまうでしょ?
サザンオールスターズの関口和之さんとのコラボレーションなんですが、関口さんがウクレレを担当して、竹中さんが「口笛奏者」なのです。タイトルはそのまんまの『口笛とウクレレ』。曲は「雨に濡れても」とか「ムーンリバー」とか「私の青空」とか、みんながよく知っているナンバーばかり。聞いているとつい、一緒に口をすぼめてしまいますが、出るのはひゅうひゅうというかぼそいすきま風なのです。
彼の口笛はほんとうに上手です。俳優のせいか、口笛にも表情がある。伸びやかでおおらかに弾んでいたかと思うと、少しせつなく寂しげに漂ったりもするのです。わたしはいつも家で洗い物などをしているときにこのCDをかけていますが、今日は車で出かける用事があったので、車に持っていってかけてみました。
雲ひとつない冬晴れの空。日曜日の午前中のベランダからは色とりどりの布団や毛布が垂れて、混んでいない道路は、ただのほほんとまっすぐに伸びています。はるかかなたの煙突からはふかふかと白い煙がたなびいて、ビルや行き交う車の輪郭がきらきらと光る筋を放ちます。自転車に乗ったおまわりさんの背中も、ファミレスの店先で幟を立てているおねえさんの顔も、うららかな日差しを吸ってなんだか明るく、健やかな感じです。
車でちょっとそこまでのはずが、気がついたらとても素敵な、充実したドライブになっていました。これも竹中さんの口笛のおかげだと思います。
優れた音楽は世界を変えずにディティールの美しさを際立たせてくれるものです。音楽があればわたしは日々の世界にしばしば目を見張ることができますし、いまここに生きていることが素直に楽しくなって、幸せに引き寄せられるのです。
暖かくなったらやってみたいこと。
それは車の窓をあけて、思うさま彼の口笛をそよ風にのせて、意気揚々と走ってみたいです。口をすぼめて、ね。

※現在、関口和之さんの『口笛とウクレレ』シリーズは第二弾も出ていて、口笛奏者に前作の竹中直人さんの他、2007年口笛世界チャンピオンの分山貴美子さんを迎えてパワーアップしております。そちらもお試しあれ。
[PR]
by zuzumiya | 2010-01-12 15:39 | わたしのお気に入り | Trackback | Comments(0)

冬の定番、雪の絵本。

雪の絵本をいろいろと探してみました。
始まり方は大きく分けて二通りあって、雪がいままさに降っているパターンと、昨日の夜に降って朝目覚めたら銀世界のパターンとがあります。
前者は家にいて雪に降り込められている静の世界、後者は積もった雪景色のなかに飛び出していく動の世界。そして、共通して雪の絵本のなかには、雪がある外とストーブのある暖かな家という対比が上手に描かれていて、それはそのまま外では冒険活動、内ではお母さんがいてくれる安心休息につながり、どの季節の絵本に比べても、よりじぶんの家やお母さんの暖かさ、やさしさというものに「守られている」ことを自然と実感できるようになっています。

a0158124_18303885.jpg静の世界の代表選手は、『ゆきがやんだら』(酒井駒子/作)です。
彼女の作品はすでに欧米やアジアの国々で翻訳出版されています。新聞や雑誌など多くのメディアで取り上げられ、賞賛されてきました。他の作品ですが、すでにフランスやオランダでは賞も獲っており、先日は今作でアメリカのニューヨークタイムズ紙が選んだ「今年の絵本ベスト10」にも選ばれました。絵本ばかりでなく、書籍や雑誌の装画や挿画、映画や芝居のフライヤー、現在は朝日新聞の「七夜物語」の挿画を担当するなど、活躍の場は幅広く、彼女の絵の人気のほどがわかります。今、わたしの最も好きな作家さんのひとりです。
物語はささやか。雪が降って幼稚園に行けなくなった「ぼく」と買い物をやめにしたママの、しんしんと雪に降り込められた静かな一日のお話です。

雪の絵本のなかにはわたしが個人的に「どうしてもこれがなくっちゃ」という外せない場面があります。それは、必ず「見開き」で、「主人公が雪景色を眺めている姿」です。
主人公の姿は遠景で小さければ小さいほど味が出るというか、大きな雪景色のなかにすっぽり包まれるように、ぽつんとただ佇んでいてほしいのです。大好きな、いまだかつてこれを越した絵本を見つけたことがないという、わたしにとって最高の冬の絵本『たのしいふゆごもり』にも見開きで、降りつもる雪を親子の熊がただ静かに見つめている場面があってくれます。

このしんしんと音もなく、雪に白く白く降り込められている静寂の感覚こそ、雪の絵本の醍醐味だと思っています。単に絵柄として美しいとか雪の絵本らしいとか、そんなものではなくて、問題はその静寂の意味をどれだけ繊細に、どれだけ大切にその作家さんが思っているか、にあります。わたしは、絵本は実はとても立体的なものだと思っていて、匂いや音や温度、そういった視覚だけではない感覚も刺激されて立ち上がってくるのが絵本の世界なのだと思います。『ゆきがやんだら』の見開きの雪景色には聴覚だけでなく、目に見えない体内時計の「静まり」までもが感じるのです。雪や雨というのは、本来、地上の人間たちにこの「静まり」の感覚を呼び起こさせるための機会なのではないでしょうか。世界を見つめることで、自然を見つめることで、おのずと静まりゆく内を身体に持っていること、そのささやかなしあわせを作家さん自身が実感として持っていないとこういう場面は描けません。

物語のなかにとてもささいなところですが好きな場面があります。酒井さんの芸の細かさとでもいいましょうか、愛情深くて繊細さがよく出ています。「ぼく」に風邪を引くから雪がやむまで外へ出てはいけないときつく言っていたママですが、パパが雪で飛行機が飛べなくなり帰れないと受けた電話の後に、心配そうな遠い目をして腕を組みながら、ぼんやりベランダへ出てしまうのです。ここではふっと微笑んでしまいました。有名な「ぼくとママしかいないみたい、せかいで……」は多くのファンが口々に素敵と誉めるところですが、パパが帰れないという流れのあとに出てこそ、生きてくる深みがあります。
                                    

a0158124_18311938.jpg動の世界の代表選手としては『ゆきがふったら』(レベッカ・ボンド/作)です。
大きめのサイズで、表紙の絵も雪山に立つにぎやかで色鮮やかな子どもたちの姿です。ページをめくってみると、動の選手の名にふさわしく、紙面いっぱいに大胆なうねるような動きのある絵で、深々と積もった雪を描いています。この躍動感あふれる絵がこれから起こる楽しいことを予感させるのです。

ひと晩じゅう降った雪。さあ、町には除雪車の出番です。雪を押して固めて山にして、どんどん積み上げていきます。子どもたちは除雪車の音を聞くともう大騒ぎ。あわてて支度を始めます。除雪車は子どもたちみんなのヒーローなのです。なにせ大きな雪山をただでプレゼントしてくれるのですから。巨大な雪山を前に、集まった子どもたちは考えます。
「このゆきのやまをどうしよう? なにをつくればいいのかな?」
この楽しいことを考えるということが、どれほどわくわくしてしあわせなことか、そのひとときを絵本はわたしたちにも分け与えてくれるのです。

何ページにもわたって子どもたちの懸命な分担作業が続きます。そんなにぎやかな作業のなかにも、作者はふっと詩的な表現を差し入れてきます。
「スコップでしろいゆきをすくって、
 レモンいろのゆきをすくって、
 みずいろのゆきもすくう。」
日向だったり、日陰だったり、当たった光の加減で変わる雪の色をていねいに表現してみせるのです。たいへんな作業はみんなで協力し、模様をつけたり、飾ったりする細やかな作業はひとりずつ真剣にやっています。それぞれがそれぞれの持ち味とアイデアで気持ちをひとつに動きます。そして、巨大な雪山はどんなふうになったでしょうか。できあがったときの子どもたちの、光をあびてのけぞるその晴れ晴れとした輝かしい笑顔! 
わたしはこの絵本のなかでこの絵がいちばん好きです。そして、みんなでつくった雪山の遊び場の素晴らしさ!

最初にわたしが書いたように、動の世界を描いた絵本は徹底的に雪と遊びます。
子どもたちにとっては砂浜の砂と同様、空から降ってくる雪は自然の最高のプレゼントです。掴んでも痛くないし、ふわふわ軽いし、変形自在、もとは水だから口にも入れちゃう。でも、暖かくなれば溶けて消えてしまう儚さもある。自然は口はきけないけれど、なんてうまくできているんでしょう。

最高な素材を貰って、徹底的に遊んだ後は、暖かい部屋と夕ごはんが待っています。
動の世界の絵本は特にその対比がしっかりとして、家のなかが至福の場所のように描けているのです。そしてそこに読者もほっとひと息つけるのでしょう。冒険と休息と。単純なことのようですが、車の両輪のようなこのふたつのバランスを、大人のわたしたちはないがしろにしてしまいます。
「くらくなったら、おうちにかえって、あったかいごはんをにぎやかにたべて、すきとおったよるをしずかにながめる。」
この単純さ、この幸福。ここへ、この暮らしの原点へ戻りたいといつでも強く思います。
ああ、また雪が降らないかなあと、子どものようにぽかんと口をあけて空を見つめてしまいます。実際の雪が見られるまで、絵本のなかの雪の世界をどうぞたっぷり楽しんでみて下さい。
[PR]
by zuzumiya | 2010-01-04 18:32 | わたしのお気に入り | Trackback | Comments(0)


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

私という有限
at 2017-08-16 20:44
こんな体たらく
at 2017-08-14 19:30
「more records」..
at 2017-08-12 06:24
生まれ変わっても会いに行く
at 2017-08-07 20:48
夏休みはクーラーの中でひたすら
at 2017-08-05 08:28

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧