2017年 04月 23日 ( 1 )

認めてくれたのかな

今いるこの町に引っ越してきたのがおととしの6月の末。もうすぐ2年になるところでまた庭で不思議なことが起こっている。去年の春は伸び放題が嫌でやたら邪険に切りまくっていた鈴懸の木に白い花が咲いて驚き、それからは雪柳、小手毬、つつじと咲き続き、濃いピンクの薔薇まで咲いて、秋にはおととしには咲かなかったので何者かわからなかった金木犀がついに咲いてくれた。今年はダイニングの出窓の前に植わっている目隠しの木に薄ピンクの花が咲いているのを今日ベランダから見つけ、どうやらハナミズキではないかと思っている(ハナミズキだったらいいのになと思っていた)。もうすぐ2年という頃になって、ようやく庭の植物たちが私たちを主と認めてくれたのだろうか。それとも去年の冬にハナミズキの木に野鳥のための餌団子をたくさんぶら下げてあげたので、糞が肥料になったとか?野鳥を育てたことを木が見ていて、そのご褒美とか?いろいろ考えて、ひとり楽しんでいる。





[PR]
by zuzumiya | 2017-04-23 14:08 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

今を歌え!
at 2017-11-18 15:32
ペットショップの恐るべきおば..
at 2017-11-05 13:55
不眠症かも…
at 2017-10-28 21:53
謝り癖
at 2017-10-25 22:09
母の孤独、私の孤独
at 2017-10-22 15:11

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧