2017年 02月 07日 ( 1 )

龍見物

今日は風が強かった。これから春になって暖かくなっていくのはうれしいが、自転車こぎの私にとっては風の強い日が多くなるのがつらい。でも、今日は面白いものを見た。
道にパトカーが止まっていて、お巡りさんが二人、無線機で話しながら上を向いている。学校帰りの小学生も後ろ歩きをしてまで空を見上げている。見ると、マンションの4階くらいに相当するような大木に(後で“万年けやき”だと同僚が教えてくれた)黒い長い帯のようなものが巻きついて、鯉のぼりの吹流しのように悠々と風にたなびいている。どうやらどこかの畑の苗に被せてあった黒いビニールが風に飛ばされて引っかかってしまったらしい。黒くやたらに長いのが風に乗って大いにのたうち回る姿はまるで龍のようで勇壮だったりするから、なるほど見甲斐がある。住民からの通報でお巡りさんが呼ばれたのだろうが、大木の上空はごうごうと風が鳴り、人なんぞ弾き飛ばしてしまいそうな猛々しい勢いでビニールの龍は自由自在に泳いでいる。どうしていいものやら困り果てている姿は申し訳ないが可笑しかった。お巡りさんは市民生活を守るためにこんな仕事もしなければならないのである。消防のはしご車でも呼んでくるのだろうかと思いながら、事の顛末を見届けずに職場に行かねばならないのが惜しまれた。
[PR]
by zuzumiya | 2017-02-07 21:57 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

男たちの話
at 2017-10-16 17:16
よだかがここにもいた
at 2017-10-15 17:15
休んでも忙しかったってどうい..
at 2017-10-10 21:37
ネコメンタリー、いいよ。
at 2017-10-09 16:00
フケ顔読書
at 2017-10-09 08:05

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧