2010年 05月 07日 ( 1 )

歳時記、季寄せを読んでみませんか

家には歳時記と季寄せがあります。専ら仕事で使うのですが、読み物として面白いので一家に一冊をお薦めします。季寄せは歳時記のポケット版のような、作句のために季語を中心に纏められたものです。季節を春夏秋冬と新年に分け、さらに時候、天文、地理、生活、行事、動物、植物の項目で揃えています。捲ってみると、四季の移ろいの中で育まれた日本人の奥深い情緒や鋭い感性をあらためて誇らしく思えてきます。また、甘酒の季語が夏というように現代のイメージした季節と季語の季節とのズレも楽しめたり、「蛙の目借り時」「山笑う」「猫の恋」「亀鳴く」のようなユーモラスな季語や「蝌蚪(かと)」はお玉杓子、「ちちろ」は蟋蟀、「ふらここ」がブランコのように俳句独特の言葉遣いもあって面白いです。「一人静(ひとりしずか)」のような植物の名前や「花衣」「青嵐」「白雨」や「星月夜」「冬銀河」のようにロマンティックで美しい日本語にも出会えます。
[PR]
by zuzumiya | 2010-05-07 15:14 | 日々のことづけ | Trackback | Comments(0)


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

今を歌え!
at 2017-11-18 15:32
ペットショップの恐るべきおば..
at 2017-11-05 13:55
不眠症かも…
at 2017-10-28 21:53
謝り癖
at 2017-10-25 22:09
母の孤独、私の孤独
at 2017-10-22 15:11

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧