ものの見方、発想の転換をしてくれるものをそばに置きましょう

まど・みちおさんの『いわずにおれない』を読んでいます。まどさんは谷川俊太郎さんに「望遠鏡と顕微鏡の目を持つ人」と言われています。その面白がり、不思議がりの徹底さ、自由さには驚かされます。見過ごしてしまいそうな葉っぱや蟻んこから遠く宇宙の果てにまで思いを馳せて「なんでだろう」と常に問い、我が身をわきまえ感謝できるその資質は、私に言わせたらもはや地球人を超えて「宇宙人」であり、「宇宙眼力の人」ではないかと思います。まどさんの詩やお話を読むと、まどさん的な宇宙眼力でものを感じられるので、気がついたり、感動したりすることが格段に多くなります。例えば、布団に潜り込んであったかいなあと嬉しくなる時、人間が裸で進化しないことは、人間に弱いとか恥ずかしいという慎み深さを残しておくためだと思えて納得します。小さな感動や発想の転換をしてくれる味方を少しでも多く持っておきましょう。生きることが楽しくなります。
[PR]
by zuzumiya | 2010-02-19 12:06 | 日々のことづけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/9999276
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

今を歌え!
at 2017-11-18 15:32
ペットショップの恐るべきおば..
at 2017-11-05 13:55
不眠症かも…
at 2017-10-28 21:53
謝り癖
at 2017-10-25 22:09
母の孤独、私の孤独
at 2017-10-22 15:11

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧