「ちょっと少なめに」で冷やご飯のない暮らし

主婦として直さなくてはいけないな、と思うことがあります。食べ盛りの子どもが二人いるので、いつもどうしてもご飯をちょっと多く炊いてしまいがちなのです。その結果、毎日冷やご飯を作ってしまい、時には冷蔵庫にあるご飯の存在を忘れて、また多めに炊いてしまったりします。心配性というより注意深く暮らしていないのでしょう。よそったご飯にすら「腹八分目がよい」という言葉もあるのに、無駄にはしていないとしても、毎回ご飯を余るほど炊いているのは、そもそも本末転倒のような気がします。そして、この話は何もご飯だけに限りません。小皿に差し入れるお醤油、スポンジに足す洗剤、髪に乗せるコンディショナー。贅沢のつもりは毛頭ないのですが「もうちょっと余計に」は、たぶん癖のように私に染み付いています。無駄にせず使い切れるとしても、それは「余計に」使い切っているということです。暮らし全般に「腹八分目」の心を取り戻そうと思います。
[PR]
by zuzumiya | 2010-02-16 08:12 | 日々のことづけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/9972292
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

男たちの話
at 2017-10-16 17:16
よだかがここにもいた
at 2017-10-15 17:15
休んでも忙しかったってどうい..
at 2017-10-10 21:37
ネコメンタリー、いいよ。
at 2017-10-09 16:00
フケ顔読書
at 2017-10-09 08:05

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧