「すみません」「お疲れさま」の言葉に頼っていませんか

先日、電車の中でサラリーマンの男性が「すいません。どうもありがとう」と言ったのを耳にしました。「すみません」の後に会釈でなく、「どうもありがとう」と続いたことが心に残りました。「すみません」は便利な言葉で、人に呼びかける時も謝る時も感謝する時にも使いますが、感謝の意味なら本来の「ありがとう」の方がしっくりと伝わります。またある時、小学生たちが信号で「緑のおじさん」に「さようなら」と手を振って横断歩道を渡っていくのを見かけました。どこか懐かしい気持ちになったのですが、後でそれは「さようなら」という言葉のせいだと気づきました。大人になると職場を離れてまでも「さようなら」が「お疲れさま」に替ってしまいます。日本語にはたくさんの言葉があって、ニュアンスが微妙に違います。できれば「すみません」のような便利な言葉に頼ってしまわずに、「お疲れさま」のような職場の言葉でふだんを済まさずに気をつけましょう。
[PR]
by zuzumiya | 2010-02-12 08:37 | 日々のことづけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/9937127
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

恐るべきシーリングライト
at 2017-08-20 09:25
私という有限
at 2017-08-16 20:44
こんな体たらく
at 2017-08-14 19:30
「more records」..
at 2017-08-12 06:24
生まれ変わっても会いに行く
at 2017-08-07 20:48

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧