愛おしいものに「愛してる」と言葉で伝えましょう。

長田弘さんの詩の中に「いつからだろう。ふと気がつくと、うつくしいということばを、ためらわず口にすることを、誰もしなくなった。そうしてわたしたちの会話は貧しくなった。うつくしいものをうつくしいと言おう。」という文があります。この「うつくしい」を「愛する」に替えると勇気がわきます。歌の中ではよく使われているのに、実際の会話で口にすると照れくさく、残念なことに頻繁に口にする人ほど嘘くさくて、浅薄な印象を人に与えてしまうようです。「愛する」という言葉ほど、国語辞典以上にそれぞれの心の中で意味深長なものも珍しく、大切にしたい言葉なのでしょう。私は単純に「心から大切に想うこと」と理解しています。もっと素直に惜しげもなく、でも初々しく「愛してる」と言おうと思います。「愛する」の解釈で人とぶつかっても、互いを深く知るチャンスですし、迷いながら人と関わって生きて行くことが、人生の滋味になると思うのです。
[PR]
by zuzumiya | 2010-02-03 10:22 | 日々のことづけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/9850798
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

恐るべきシーリングライト
at 2017-08-20 09:25
私という有限
at 2017-08-16 20:44
こんな体たらく
at 2017-08-14 19:30
「more records」..
at 2017-08-12 06:24
生まれ変わっても会いに行く
at 2017-08-07 20:48

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧