「夢は?」と訊かれて、いつでも答えられる自分でいましょう。

人は幼い頃から「大きくなったら何になりたい?」と訊かれて育ちます。そして「宇宙飛行士!」と答えれば、大人は喜んで誉めてくれました。でもある時点から、今度は掌を返したように「そんなひと握りの人しかなれないようなもの、現実的じゃない」と諭されます。夢については、大人はこうやって実に中途半端な態度を今でもとり続けています。
私も多くの挫折を味わってきました。そして学んだことは、「夢とは必ずしも『何かになる』ことはではないんだ」ということと「どんな状況にあっても、しあわせを探し、感じることのできる心のしなやかさを持てるようになろう」ということです。自分が置かれた状況を恨むことなくめげることなく、風に乗った種のように、やがては落ちた場所から懸命に自分の芽を出せばいいのです。何者かになれなくとも、無名であっても、そんな自分を情けないと手放さず、長所として感謝し、育み続けること、忘れてはいけません。
[PR]
by zuzumiya | 2010-01-14 09:45 | 日々のことづけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/9655958
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

男たちの話
at 2017-10-16 17:16
よだかがここにもいた
at 2017-10-15 17:15
休んでも忙しかったってどうい..
at 2017-10-10 21:37
ネコメンタリー、いいよ。
at 2017-10-09 16:00
フケ顔読書
at 2017-10-09 08:05

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧