『口笛とウクレレ』 関口和之 featuring 竹中直人

a0158124_15235027.jpg突然ですが、「口笛」吹けますか?
小さい頃は吹けていた覚えがあるのに、いま、わたしは吹けません。いつの頃からか吹けなくなりました。夫に聞いてみると夫もそうだといいます。いったいどうしたことでしょう。大人になってわたしは口笛を失していたんですね。心がしんとしてしまいました。
あなたは最近、誰かが口笛を吹くのを聞いたことありますか? 
街角からも口笛は消えてしまいました。世の中がどんどん暗く、厳めしい方向へ向かっているようで、残念です。
ところが、面白いCDを見つけたのです。なんと、その口笛がメインのCDです。
うれしいことに、大人になっても口笛がすこぶる上手な人が残っていたんです。あの俳優の竹中直人さんです。ははん、と納得しませんか? いかにもと、ニヤついてしまうでしょ?
サザンオールスターズの関口和之さんとのコラボレーションなんですが、関口さんがウクレレを担当して、竹中さんが「口笛奏者」なのです。タイトルはそのまんまの『口笛とウクレレ』。曲は「雨に濡れても」とか「ムーンリバー」とか「私の青空」とか、みんながよく知っているナンバーばかり。聞いているとつい、一緒に口をすぼめてしまいますが、出るのはひゅうひゅうというかぼそいすきま風なのです。
彼の口笛はほんとうに上手です。俳優のせいか、口笛にも表情がある。伸びやかでおおらかに弾んでいたかと思うと、少しせつなく寂しげに漂ったりもするのです。わたしはいつも家で洗い物などをしているときにこのCDをかけていますが、今日は車で出かける用事があったので、車に持っていってかけてみました。
雲ひとつない冬晴れの空。日曜日の午前中のベランダからは色とりどりの布団や毛布が垂れて、混んでいない道路は、ただのほほんとまっすぐに伸びています。はるかかなたの煙突からはふかふかと白い煙がたなびいて、ビルや行き交う車の輪郭がきらきらと光る筋を放ちます。自転車に乗ったおまわりさんの背中も、ファミレスの店先で幟を立てているおねえさんの顔も、うららかな日差しを吸ってなんだか明るく、健やかな感じです。
車でちょっとそこまでのはずが、気がついたらとても素敵な、充実したドライブになっていました。これも竹中さんの口笛のおかげだと思います。
優れた音楽は世界を変えずにディティールの美しさを際立たせてくれるものです。音楽があればわたしは日々の世界にしばしば目を見張ることができますし、いまここに生きていることが素直に楽しくなって、幸せに引き寄せられるのです。
暖かくなったらやってみたいこと。
それは車の窓をあけて、思うさま彼の口笛をそよ風にのせて、意気揚々と走ってみたいです。口をすぼめて、ね。

※現在、関口和之さんの『口笛とウクレレ』シリーズは第二弾も出ていて、口笛奏者に前作の竹中直人さんの他、2007年口笛世界チャンピオンの分山貴美子さんを迎えてパワーアップしております。そちらもお試しあれ。
[PR]
by zuzumiya | 2010-01-12 15:39 | わたしのお気に入り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/9639575
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

男たちの話
at 2017-10-16 17:16
よだかがここにもいた
at 2017-10-15 17:15
休んでも忙しかったってどうい..
at 2017-10-10 21:37
ネコメンタリー、いいよ。
at 2017-10-09 16:00
フケ顔読書
at 2017-10-09 08:05

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧