自分をいたわるひとときは、誰かを想うひとときです。

ハンドクリームを塗る姿を見るのが好きです。自分で自分を愛おしむような、ひとりの静かで丁寧な時間がそこには流れています。手をこすり合わせるのが祈りの姿に似ているからかもしれません。
幸運にも荒れ性でないため、指先を気にしたことはないのですが、心のどこかで血の通った身体の一部というより、道具の延長にすぎない扱いをしてきた気がして、少し侘びしくもあります。考えてみれば、子どもが大きくなるにつれ、気恥ずかしさもあって、手を握ったり、肌をさすったり、撫でたり、温め合うことをもうずいぶんとしていません。
それでもふつうに暮らしてはいますが、もしかしたらもっと笑顔に、もっと幸せになるチャンスをわたしの指先は逃しているのかもと思います。
ハンドクリームを擦り込む姿の、あのつつましい穏やかさは、自分自身を慈しむことの先に誰か体温を分かち合う大切な人の存在をほのかに想像させるから、こんなにも心惹かれるのでしょうか。
[PR]
by zuzumiya | 2010-01-05 10:21 | 日々のことづけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/9574818
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

私の母はカッコイイ!
at 2017-09-19 20:34
私、見てたから
at 2017-09-19 15:23
私の流儀
at 2017-09-15 23:48
保育士あるある2
at 2017-09-13 21:05
シアワセは何かに託してはいけ..
at 2017-09-10 08:44

最新のコメント

検索

ブログジャンル