ブックカフェというよりメンズの部屋へ

黄金週間に息子カップルに車を出してもらってIKEA立川に行ってきた。読書椅子として、定番のポエングという一人掛けチェアーを買った。アームはダークブラウン、座背面は布製でデニムのような色合いのダークブルーにした。革張りだと、もしも猫の爪研ぎの餌食になった場合、悲惨なことになるのである。大きな椅子なので座り心地はいいのだが、予算の関係でフットスツールまで買わずにきたが、やはりあった方がもっとリラックスできる。ひとつ椅子を買っただけで部屋の雰囲気はガラリと変わり、前より大人っぽくメンズライクになっている。早速、椅子が映えるようにベッドを動かし、引っ越してきて以来の模様替えを行った。ここのところ、毎日、ネットで買い物をしている。一生懸命働いて稼いではいるが、家に金も入れつつ一人暮らしなみに保険や衣食の全てを自分の金で賄っているので、ギリギリの予算内でやりくりしなくてはならない。フットスツールを諦め、アームランプやラグマットを諦めて、CD用の棚を買い、変わってしまった部屋の雰囲気に合わせたベッドカバーを買い、今さっき悩みに悩んで在庫1点につられてついにデスクを買ってしまった。ウォールナット材のシンプルな飽きのこなさそうなデスク。ベッドを動かしたためにデスクを小さくしなければいけなくなった。しかし、引き出しがひとつしかないため、デスクまわりの小物や書類を収納する方法を新たに考えなければならなくなった。頭が痛い。当初の予定ではデスクを取り払って本棚を並べるつもりだったが、家庭内別居の続く中、デスクは食卓も兼ねる重要アイテムだと再認識した。猫たちには申し訳ないが、母から貰ったツリーハウスのような猫タワーを処分して空いたスペースに今後は本棚を置く予定である。デスクは買ったがチェアは諦め、今あるもので我慢し来月にまわす。先月今月とインテリア関係の買い物が続く。のめり込むとそれしか見えなくなるタイプで、肝心の読書は進まず、インテリアのネットサーフィンに飽きるとhuluでドラマばかりをみている。アメリカのドラマにサラ・ジェシカ・パーカー主演の「Divorce(離婚)」いうのがあって、複雑な気持ちで見ている。見終わった後はなんとなく暗くなるので宮沢りえ主演の方の「グーグーだって猫である」を見るようにしている。猫ものを見ていると、うちのももちゃんがテーブルに乗って一緒に見だすのが不思議だ。連休まえに歯の詰め物が取れてしまった。歯医者通いでまた金がかかる…。
[PR]
by zuzumiya | 2017-05-04 00:15 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/23858437
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

今を歌え!
at 2017-11-18 15:32
ペットショップの恐るべきおば..
at 2017-11-05 13:55
不眠症かも…
at 2017-10-28 21:53
謝り癖
at 2017-10-25 22:09
母の孤独、私の孤独
at 2017-10-22 15:11

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧