暮らしのまなざし zuzumiya.exblog.jp

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

家の表情

通勤で通る道に新築の家が売られていた。
幟がはためいて、玄関脇の駐車スペースのコンクリも真っ白なピカピカの家を見ながら、最近になってインテリアに凝りだした私は「いいなぁ。私だったらどんな風に住むかなぁ」とぼんやり考えながら自転車を走らせていた。いつ売れて、どんな人たちが引っ越してくるのかが楽しみで、なんとはなしに気にかけていた。ある時、立っていた幟がなくなって「アレ?もしや?」と思って庭側に回ってみると、リビングのサッシにレースのカーテンが掛けられ、庭に押し手つきの三輪車と子ども用のちっちゃな青い長靴が転がっていた。「ああ、幼い男の子のいる家族が引っ越して来たんだな」と思った。去り際にもう一度家を見ると、吊るしたカーテンの一方の裾がめくれてクシャっとしていた。それだけでもう、今まで見てきた新築の家のあのしんとしたちょっと冷たい建物の感じがなくなって、急に家全体が所帯じみた野暮ったさとひと気のある雑多な温かさに包まれて、なんだか「どんな風に住もうか」と考えていた自分が妙に馬鹿らしく可笑しくなってきた。とにかく「ああ、よかった、よかった」とうれしくなったのだった。

[PR]
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/23848230
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by zuzumiya | 2017-04-29 09:14 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)