不毛感という凪

昨夜、本を読んでいて寝落ちしてしまったので、久しぶりに朝のシャワーを浴びた。体を洗っていてふと、ここ数日の間にものすごくカチンときた出来事があったはずだが、と思い出そうとして、出てこない。あれだけ怒っていたはずなのに、という感覚だけは残っているが、何に怒っていたのかすっかり忘れている。自分でも「え?」という感じだ。最近はお腹の底から笑うこともなければ、涙を流して泣くこともない。ムッとしたり、カチンとくることはあってもひと晩寝ればずいぶん薄まる。楽しくてたまらないと夢中になったり心浮かれることも、ない。じゃあ、喜怒哀楽がその程度になってしまったのなら、私の心の中は一体何が占めているんだろうと考えたら、ちょっとした不安や心配事、自己嫌悪や後悔からくる「あーあいう残念な感じ」なのである。これは一応落ち込みの部類に入るのだが、人生において何度となく挫折や失望を繰り返してきたために多少、深度計の針がバカになってしまって、深いものを浅め浅めに捉えようとするらしい。具体的に書くと、風呂で湯に浸かりながら「あーあ」とつぶやいてはダメな自分のダメぶりを思い出す。でも体が弛緩してくるにつれて、だんだんどうでもよくなってきて「まぁ、いいか」で落着、忘れようとするのである。この後にモヤモヤと浮き立ってくるのが「残念な感じ」ぐらいのゆるさでくる自分への諦め、もはやどうにもなれない不毛感なのである。年をとるとこのなんとも言えない不毛感が避け難くなってくる。
先日、映画館でさほど可笑しくもないところで声を立てて笑っていたオバチャンたちがいたが、あれは今思うに意識して、いわば多少の無理をして、笑っていたのではないか。少しでもチャンスがあれば笑っておこうというような。放っておけば喜怒哀楽のすべてが薄まり、不毛感の凪に覆われてしまう老いの感情を意識して奮い立たせ、喜んだり笑ったり、今を人生をじゅうぶん生きて楽しんでいると自分に知らしめようとしていたに違いない、なんて思う。


[PR]
by zuzumiya | 2017-03-20 09:56 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/23731293
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

保育士あるある3
at 2017-09-24 12:22
CMに物申す
at 2017-09-23 17:30
一緒にいる理由
at 2017-09-23 14:14
ただでさえ怖いんだから
at 2017-09-23 13:45
私の母はカッコイイ!
at 2017-09-19 20:34

最新のコメント

検索

ブログジャンル