保育観のちがいは決定的だよな

ついに先日、園長から呼び止められ「やっぱり○○先生(私のこと)は園の保育観とは違いますかねぇ」と訊かれた。実はそれより前にあった法人の研修の分科会で「職員同士の連携の難しさ」について司会者から意見を求められ、非常勤の立場はいつも正職の顔色を伺い「これをしてもいいのか悪いのか」と迷うことが多く、中途半端な保育をしているというようなことを発言してしまったのだった。おそらくはその時のアドバイザーである同じ法人内の他園の園長から、あるいは司会者であったうちの園の先輩保育士から、園長に何か連携のまずさを指摘されたのではないかと思う。
以前、園でこんなことがあった。砂場で正職の保育士が子どもたちと山を作って遊んでいた。水道から水を何度も持ってきては流し入れて川や湖を作って遊ぶ姿に「へぇ、こんなことしていいんだ」と驚いた。同時に「正職だからできることよね」とも思った。
以前勤めていた、ベルギーの保育を目指している自由保育の園ではどろんこ遊びもパンパなく凄かった。砂場から水が溢れ出るんじゃないかというくらい子どもたちが何度も水を入れてきて、それを保育士は「もったいない」とか「もういいんじゃないの?」とかいっさい口出しはせずに子どもたちが満足するまでやらせることを見守るというスタンスの保育であった。研修で見ているこちらが「水道代、大丈夫なんだろうか」と心配するくらいだった。
そんな園だから「子どもの遊びの保障をする」は徹底していた。3歳児以降の幼児クラスは異年齢保育だが、“カプラ”と呼ばれる薄い木片の積み木を子どもたちが大量に使って道路が張り巡らされた一大都市を作る。その中には動物園やら遊園地までもがある。クリスマスの時期にはクラスの入口付近に巨大なクリスマスツリーが出来ていたりする。驚くのは午睡の時間になっても保育士はその巨大な作品を子どもたちに片付けさせないこと。街の上に各自が壊さないように工夫してコット(担架のようなネットでできた一人用の寝床)を引き詰めて寝る。子どもが午睡後に遊びの続きをやりたいという気持ちを大事に汲むのである。これもひとつの遊びの保障だろう。
乳児のクラスでは、特に0、1歳児なんかはわざわざ主任から「片付けより遊びを重視するように」と言われる。片付けをやんわり促す「おかたづけ~」なんていう歌はもってのほか。保育士が床に散らばった遊具の散らかり具合を見て、遊びが本当に終わったかどうか見極めて危険がないよう少しずつ片付けていく。このように以前の園では食事・排泄・睡眠以外は子どもは常に遊んでいるものと考え、保育士は子どもの自発的主体的な行為である遊びが単に楽しみだけでなく発達も促すことから、それを保障し、最重要視することを保育士に徹底的に教え込む。
ところが今の園は昔ながらの一斉保育でしかもしつけ優先の園である。ひとつの玩具で遊び終わったら新しい玩具をだす前にまず片付けさせようとする。ブロックがままごとの鍋に入って料理されているのも“見立て”とは解釈せずに「ブロックはブロックのコーナーで遊びなさい」となる。20年選手のパートの職員が「もう、こんなに散らかして」とブツブツ小言を言いながら遊具を拾い歩いている。ブロックならブロックだけしか出さない。しかも人数に対してかなり量が少ない。遊びの広がりようがない。無駄な喧嘩が増える。子どもの遊びがどう展開して、遊んでいないようでも実はまたもとの遊びに戻ってくる可能性もあることも知らないのか、古臭いしつけ感覚でしか子どもの遊びが見られない。しつけ意識が強いのでしつけの観点からでしか言葉がけができない。遊びを「散らかす」と捉えるなんて以前の園ではクビだ。20年も勤めていられないだろう。一斉保育でしつけ意識が強いとなったら、そこはもう保育士が怖い顔して怒鳴って押さえつけている「管理・支配の締め付け園」ということになる。今の園はとにかく清潔意識も遊びへの意識も私が保育士の免許を取った19年前から何にも変わっていない。よくもまあ、長きにわたって世の中の流れや保育界の変遷にも耳をかさず目を閉じて、自分たちだけを信じてやってきたものだ。
話がずいぶん逸れてしまったが、どろんこ遊びの話に戻る。その後、もうひとり、正職の保育士が砂場で派手にどろんこ遊びをやっていた。だからどろんこ遊びが2回続いていての話なのだ。私が砂場で子どもたちと山を作っていたら、先日の楽しかったどろんこ遊びを覚えていた子どもが「先生、お水入れていい?」と訊いてきた。「やばっ」と内心思った。
自分が非常勤という立場のことだけじゃなく、前日の朝の集会で「お水は大事に」「プールの神様に怒られてプールに入れなくなっちゃうよ」なんて話を聞いていたからだ。それでも先日2回も正職が砂場に水を入れていたので、やって悪いはずはないと判断して「お水持ってきていいよ」とOKを出したら、そこへ5歳児の担任が現れて「アレ?お水やっていいんだっけ?お水大事に使わないとって昨日お話してたでしょ」となった。私はしぶしぶ立って事情を説明し、先日の先生方がどろんこ遊びをやっていた件を話した。「毎日毎日、どろんこで汚れてたらお母さん方も大変でしょうから」とかなんとか言いつつ苦笑いして許可してくれた(許可せざるをえないだろう)。「大人側の事情を出してくるなんて、やり方ひとつでどうにでもなるのに」とは思ったが反論せずに、許可されたことで一度だけ水を流し入れてもいいことにした。でも、実に中途半端な保育、遊びになってしまった。なんとなくその先生も話の矛盾には気がついていて、どろんこ遊びひとつとっても正職同士でも意見のくい違いがあるようで、何年も同じ職場にいて仲良く見えても、意思疎通、連携というのは本当に難しいことなんだと思った。
もう、遊びと発達の関係については本当に今の園の先生方は分かっていなくて、0歳児が遊具の入ったダンボール箱に片足を入れて跨ごうとしていると「ダメでしょ、ここは入るところじゃありません、これはおもちゃのおうち」なんて言ってやめさせる。3度も引き戻されて子どもは泣いて怒っている。私は内心「入りたいんだよね。今は跨ぐことで自分で体のバランス感覚や体幹を鍛えているのにね」と思って見ている。かわいそうな話だ。遊びと発達の知識のある園ではダンボールに布地を貼った“押し箱”なる遊具がクラスのそこらにいくつもあって、子どもたちはいつでも好きな時にそれに跨り、中に入って独り占めした空間に満足げな顔して座っている。時には仲良しの友だちが箱を押してくれて、自らの足腰を鍛えているとも知らずに楽しく遊び、時には集団の中で貴重なひとりの休息時間が過ごせる居場所にもなっている。そういう効果のあるダンボール箱なのに、今の園の先生方は作ろうともしないし、非常勤に頼んで作らせもしない。「ここならいいよ」という代替物も与えない。その子にとっての自発的な遊びのやる気と発達をうながせる貴重な瞬間を「遊具箱に入ってはいけません」というしつけ感覚で取り逃がしてしまっている。そのことに気づかない。そういう遊びや発達の研修も勉強もしてないから無理もない。
こういう遊びに対する見方はやっぱり園の保育との違いをどうしたって際立たせてしまう。いちいち引っかかる。2歳児に「クラスの中を走ったらダメ」と言うならば、ホールをテラスをどこか安全な場所を走らせるしかないではないか。だって、彼らは今、発達的には走りたいさかりなのだ。たくさん走って走って自分の力を確かめたいのだ。ひとしきり走れば満足してまた座っておとなしく遊ぶことができる。それは保育の静と動のリズムといわれるもので基本中の基本のはずだ。「ダメ、ダメ」とさんざん言っておいて、それなら他の遊びにうまく誘うかといえば注意だけで終わってしまう。そんな保育を目の当たりにすると本当にげんなりする。そういう日々の保育の小さな不満がやっぱり園への不信に繋がっていっていることはよく分かっている。だからこそ、非常勤で7時間しか働かないで、なるべく「見ザル聞カザル」でのんびり長く勤めようと思っていたのだった。それが人手が足りず、8.5時間も働いている。日々の保育に深く関わりあうことになってしまった。
長くなってしまった。真夜中の更新でうまく頭が働かず、連携の話からずれて遊びの話になったが、次回はズバリ連携の話を書くつもりだ。つづく。




[PR]
by zuzumiya | 2017-07-22 01:34 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/237263266
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

私という有限
at 2017-08-16 20:44
こんな体たらく
at 2017-08-14 19:30
「more records」..
at 2017-08-12 06:24
生まれ変わっても会いに行く
at 2017-08-07 20:48
夏休みはクーラーの中でひたすら
at 2017-08-05 08:28

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧