暮らしのまなざし

降ってきた読点

うたた寝から目覚めたら視界の中で何かが違う。何だろうと見回すと窓に何かが張り付いている。猫のチビも両足で立って見上げている。「うわっ」すぐにメガネをかけた。見ると、運よく蛾やヤモリのような生き物ではなかった。ガラスの中央に墨の毛筆で書かれたような5センチくらいのシュッとした点があった。「句読点?」と思った。いや、正確には読点(ヽ)なんだが、書道で言えばその最後を「止め」でなくシュッと「はらい」で流したような点だ。そういうのがガラス窓に残されてあった。量といい、その勢いといい、すぐにカラスの仕業だとわかった。この辺を縄張りにしているカラスの一羽がわざわざ猫のケージのある方の窓に向かって空から糞を飛ばしたんだろう。まったく、もももいい加減バカにされている。
とはいえ、その読点もどきの点をぼんやり見つめていると、なぜだかすぐに掃除して消さなくては、という気にならない。糞だし汚いしバイ菌あるかもしれないし、ケージのあるベランダは狭いし寒いし、面倒で億劫ではある。でも、それだけではないような。暇人な頭がいきなり現れたその点に何かカラスの糞以上のものを感じ取ろうとしている。
昔、子どもがまだ幼い頃、千葉から東京までよく車でドライブをした。ちょうど浅草のあたりでアサヒビール本社の金色の巨大なオブジェが見えると、子どもが「神様の落っことしたウンコだ」と騒いで「ウンコビル、ウンコビル」と笑った思い出がある。糞つながりでそんな楽しかった家族の昔を思い出した。昨日読んだ白石公子のエッセイに<ぼんやりという言葉が好きなのは、その瞬間、なにかを忘れていたり、なにかを思い出していたりするからだ。※>というのがあったが、ほんとうにそうだと感心する。
単なるカラスの糞であることをひとたび頭の隅に押しやって、いきなり天から降ってきた「読点」として、神様からのメッセージをあえて考えてみる。「まだまだ続く」なのか、ここらでひとつ「区切りをつけよ」なのか。するとまたしても私の思考は離婚話へとつながっていく。いやいや、もしかしたら「読点」なんかじゃなく神様は「ペケ」のつもりか「チェック」のつもりでマーキングしたのではないか。だとしたら、どうだ?なんとなくもうこの夫婦の行き着く定めは決まっていて「ハイ、終了」という感じか。そういえば“お墨付き”という言葉もあるじゃないか。ああ…。
ベッドにぼんやり座っていると、チビが膝に飛び乗ってきた。「にゃーん」と鳴いたその目は「ありゃ、カラスの糞だね」と言っていた。

※『はずかしい』白石公子 白水社


[PR]



by zuzumiya | 2017-03-12 21:28 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/23714197
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

検索

ブログジャンル