働くゾンビ、食欲なくす。

離れて暮らす娘がパートナーと共にインフルエンザで倒れているとメールで知り、ミネストローネと鳥雑炊の手料理を届けたのが日曜日。張り切って料理を作ったから、夕食の焼き餃子も晩酌の焼き鳥もさほど食べれず、食欲がないのかと思ったが、夜間に胃がキリキリと痛み出して眠れない。明日は仕事だからと焦った気持ちで、しばしの間、うつらうつらで見る夢は保育の夢。先日、子どもを背負う時に痛めた腰の筋もここぞとばかりにカッカと痛みを増している。翌朝、いつもの時間に起き、支度をしたが食欲は全くなく、痛みを伴ってお腹も壊す。体も頭もフラフラで、これでは保育はできないと休みの連絡を入れた。少し寝てから近くのかかりつけ医へ。お腹に来る風邪とのこと。絶食を言い渡される。もちろん、食べたくもない。この働くゾンビの私が、である。水分だけをこまめに摂りながら寝ている。微熱が続き、腰と頭が痛んだ。午後、園に病院での報告をして、食事が摂れていないのでもう一日休ませてもらう。そして今朝、お腹の感じが軽く、いつものように正常に戻っている気がして飲むゼリー(夫が昨夜、重い思いをしてビタミンドリンクと一緒に買ってきてくれたもの)立て続けに二個頂く。
昼は白米のレトルトのお粥(これも夫が買ってきてくれた)に梅干しを入れたのと、娘に作ってやったミネストローネの残りを頂く。テレビで録画した中原中也を見る。窓の外にはいつものメジロのつがいとシジュウカラが来ている。喧嘩もせずに順番を守ってよく啄ばむ。先日足してやった餌団子がもう崩れて小さくなっている。階下に住む夫によるとひっきりなしに我が家に来ているというが、ほんとにその通りだ。窓際に寝そべる飼い猫のチビに対してもへっちゃらである。これほどの食欲なのだから、昨冬などどうしていたものかと思ってしまう。ヒヨドリは我が家のりんごが切れてからは来ないようだ。でも、うちのそばに広大なみかん畑(柚子や夏みかんなどもある)があり、毎朝その道を通ると食べ散らかしたクズがあちらこちらに落ちているので、食べ物には困っていないようだ。冷蔵庫に残り物の餃子と焼き鳥を見つけて目が欲しくなり、食べてしまう。が、今のところ腹痛はない。この目が欲しいというところが重要で、食欲のしるしである。午後、明日は行けると園に連絡を入れた。家族へ心配かけたお礼に家中の暖房に灯油を入れてやる。何度か階段を上り下がりしただけで疲れてしまう。時計を見るたびに明日の自分の働く動きが浮かんで、大丈夫だろうかと心配になる。うれしいことひとつ。飼い猫のももが私に元気が戻ったと思ったのか、オモチャを咥えてきて足元にポトンと落とした。ももにも心配をかけた。





[PR]
by zuzumiya | 2017-01-17 17:28 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/23555703
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

男たちの話
at 2017-10-16 17:16
よだかがここにもいた
at 2017-10-15 17:15
休んでも忙しかったってどうい..
at 2017-10-10 21:37
ネコメンタリー、いいよ。
at 2017-10-09 16:00
フケ顔読書
at 2017-10-09 08:05

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧