あけまして、初買いでございます。

a0158124_1323150.jpga0158124_13273855.jpg京都の本屋さんに恵文社というのがあって、スタッフの感性で新旧のセンスのいい本や雑貨が取り揃えてあるのだが、オンラインショップをよく覗く。そこで今日は素敵な手帳を見つけたので即買いした(「って、また物欲かい?」の声が聞こえてきそう)。ちょうど年末のテレビ番組で暮しの手帖の大橋鎭子さんが企画のネタ帳として、昔、私の祖母が銀行から貰っていたような小さな黒い手帳を使っていたことを知ったので、私も鎭子さんに習って今年はパソコンに頼らず、思いついたことをすぐさま手書きでメモしようと決めたのだ。で、なにかいい手帳はないものかと思っていたら、ぽーんと向こうから来た。その名も「わたしの手帖2017」マーマーマガジン発行。税込1512円。服部みれいさんという方のミニエッセイ付き、らしい。帯の宣伝文句が傑作で、「あたらしい気づきと良質な知恵をいつもポケットに。本来の“わたし”がうつくしく目覚める手帖です。」ときた。花森さん、ごめんなさい(笑)。マジなのか冗談なのかわからないが、とにかく名前と宣伝文句が面白いので買ってしまった。
それと、オンラインショップのトップページにあった『ふゆのいえ』というイラスト集。女の子の部屋をテーマにイラストを描いている井田千秋さんというイラストレーターの作品集なのだが、どこかの街の高台の平屋住まいの女の子の冬の暮らしが白黒の線画で細かく描かれているという。最後にはその架空の家の間取りまで紹介されているらしくてインテリア熱の高い今はもう即買しようと思ったが、残念ながら品切れ中だった。Amazon他のネットショップも見て回ったが恵文社にしかないようで、井田さんの本では『わたしの塗り絵BOOK憧れのお部屋』があったので、とりあえずそっちを買うことにした。私としては珍しく恵文社に再入荷のメールを希望した。しかし、仕事の保育が浮かんで「今さら、塗り絵というのも」と思ったが、まぁ、気が向いたらやるだろう。『ふゆのいえ』、ネットの画像で調べてみるとものすごくいい感じ。欲しかったなぁ。本もCDも「冬に読みたい」「冬に聞きたい」などと何かとほざいているので、もしかしたら、私は私が思っている以上に冬という季節が好きなのではないかと思いはじめている。夜が長いっていうところもいいし、外に遊びに出るより家が好きで籠るタイプなのでそうなのかもしれない。
a0158124_13235692.jpg←欲しかった『ふゆのいえ』
[PR]
by zuzumiya | 2017-01-04 13:27 | わたしのお気に入り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/23522273
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

男たちの話
at 2017-10-16 17:16
よだかがここにもいた
at 2017-10-15 17:15
休んでも忙しかったってどうい..
at 2017-10-10 21:37
ネコメンタリー、いいよ。
at 2017-10-09 16:00
フケ顔読書
at 2017-10-09 08:05

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧