暮らしのまなざし

明るい未来

とても賑やかでせわしい一日だった。
息子と娘の彼女と彼氏が両方とも我が家に遊びに来たのである。
ふだん、来客などない家である。スリッパからクッションカバー、お皿、台所の照明まで取りかえ、隠せるものは隠し、家中を入念に磨き上げて準備した。昼食は息子の10代(!)の若い彼女に合わせてイタリアンにした。失敗の少ないチキンのトマトクリーム煮である。率先して陽気にしゃべりまくり、気さくに振舞ったが、実はひどく緊張していて、お客が二組とも帰って初めて料理を口にできた。来客慣れしていない夫はいっとき居なくなったことがあったが、実はトイレではなく、人疲れのために洗面所を磨いて心を落ち着かせていたという。ご苦労さんであった。
台所で山のような洗い物を片付けている時、ふと思った。
「ああ、これがうちの未来なんだ。未来を今日、少し垣間見たんだ」
子供が巣立てば、長年連れ添った夫と二人きりの静かな余生になるものとばかり思っていた。それはまだ51歳の身にはちょっとつまらないような、でも結局、楽チンな相手は夫だけだからと諦めに染まって、何か明るい物事がこの先の人生にはもうないように思えていた。でも、今日のように、子供たちの連れ合い(今の彼氏彼女と結婚するかはわからないが)、そして子供が生まれれば孫たち(!)も、一家総出で盆や正月に我が家という実家にワイワイ集まってくることもあるのだということに、ふと気づいた。
静かで穏やかで、それゆえちょっと退屈なのかもと悲観的に捉えていた人生が、こんなふうに賑やかしくせわしく華々しく続いて行くことに、ほんとだ、いのちは繋がって人生は繋がって行くんだなと、新鮮な驚きを感じた。なんか、ちょっと楽しみかも。
[PR]



by zuzumiya | 2017-01-03 20:48 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/23520984
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧