季節に合わせて

最近になって本の再読をするようになった。
昔から季節に合わせた小説を選んで読むのが好きで、今もずいぶん前に買った小川糸さんの『ツバキ文具店』の秋をようやく読み終えて、冬の章の冒頭がお正月から始まっているのを確認して本棚に戻してある。小説の進行に合わせてお正月の休みにでもまた読み始めるつもりだ。冬になると読みたくなる本に『つむじ風食堂の夜』がある。夜が舞台で静かであたたかい小説が恋しくなるのだ。吉田篤弘さんはピッタリだ。風呂上りに小さくバッハのピアノを流してベッドに寝転んで読んでいる。

赤いテーブルランプ、購入しちゃいました!



[PR]
by zuzumiya | 2016-11-15 22:48 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/23367743
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

男たちの話
at 2017-10-16 17:16
よだかがここにもいた
at 2017-10-15 17:15
休んでも忙しかったってどうい..
at 2017-10-10 21:37
ネコメンタリー、いいよ。
at 2017-10-09 16:00
フケ顔読書
at 2017-10-09 08:05

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧