しゃがんで喋って

何気なくネットで占いを見ていたら、なんと天秤座は今年9月9日を以て12年に1度の幸運期に突入したらしい。天秤座はもともと社交的で平和主義者だというが、いつにも増して社交的であれば夢まで叶う勢いだそうである。社交的ねぇ。夢ねぇ。
私は人にはなるべくよく思われたい。「人に悪く思われてもいい」「世間を敵にまわしてもいい」だなんて、よっぽど何かに狂って正常な判断ができていないとしか思えない。普通になるべく外面よく、揉め事なく、世間を渡ろうとするのが人情のはずだ。そうしてきたつもりだが、いかんせん“社交的”とはいいがたい。私にはわがままをきいてくれる家族がいればじゅうぶんで、思いつく友人もわずかである。実は人づき合いが面倒なのだ。
私は完全なるインドア派で休日は寝っ転がって好きな本を読むか、大画面で自分の見たい映画を見ていればそれでいい。休日に皆で誘い合ってボーリングに行くとか、山登りに行くとか、「よくもまぁ、好きこのんで疲れに行くねぇ」としか思えない。自分の買い物には女友だちとも娘とも夫とも行かずに一人で行く。その方があっちへ行ったりこっちへ行ったり、あれやこれやと悩み、果ては何も買わずに帰ってくるなんてことが誰にも気兼ねせずにできる。人によっては女友だちにいろいろと相談事を持ちかけるらしいが、私はそれも学生時代で卒業した。無意味だとわかったからだ。相談といってもほとんどが愚痴で、相談事はすでに8割がた自分の中で結論が出ているものなのである。ただ会って、ダラダラと話して、思いの丈を“聞いて”もらいたいだけなのだ。女同士の話はだいたいが“ああ言えばこう言う”と“同じ話の繰り返し”であり、こちらのまっとうな意見やアドバイスなど聞いていない。いらないのだ。残念ながら私は誰かの話の聞き役に徹するほど我慢強くはないのである。外面はよくしているつもりだが、誰に対してもニコニコして話をするのはやっぱり疲れる。疲れるということは無理をしているということであり、なるべくしたくはない。
うちの斜め前の家の奥さんなんか、その点、ものすごい社交的である。まず、うちが引っ越してきてすぐの時、草ぼうぼうの庭に手を焼いていると、向こうから見ていたのかわざわざ鍬みたいなのを貸してくれた。朝から家の前で大きな声で近所の人と笑って喋っている。訪ねてくる人が多く、玄関先がいつも賑やかである。人柄がよく、近所の人気者のようだ。でも、いちばんすごいと思ったのは、友人でも近所の人でもない工事の作業員たちとやたら至近距離でにこやかに話をしているのを見かけた時である。
先日、仕事から帰るとアンテナの工事かなにかでトラックがとまっていて、例の奥さんの家で作業員たちが出入りしていた。見ると、庭先で一人の作業員が電線のコードを切っていて、その横になんと奥さんがしゃがんでにこやかに喋っている。まるで仲良しの小学生が頭を付き合わせて地面に絵を描いているような感じである。「作業員は知ってる人なのだろうか?」と疑うほど親密な雰囲気であった。
私にはああはできない。引越しの作業員とかエアコンの工事人とか(ああそうだ、考えてみれば娘のスナックを手伝った時もそうだった)まったく知らない初対面の男とあんなふうに親密に笑ってお喋りなんてどうしてできるものか。私はいつでも工事人が作業している時にどの位置にどうやっているのが正しいのかがわからない。そばで見ているのがいいのか、どこかへ行っちゃってぜんぜん見ていなくてもいいのかがわからないので、たぶん挙動不審である。夫は作業のよしあしがわかりもしないのに疑りぶかい男なので、作業員のそばに立ってその手元をじっと見つめている。私にはなんだかその監督するような態度が作業員に対して横柄で失礼なような気がしてできないでいる。作業している手元をじぃーっと見られているのって嫌なもんじゃないか。お店で包装を頼む時も私は店員の手元を見ないようにあらぬ方向を見ている。余計に緊張させるのって可哀想だろう。
なので、私が一人の時には作業員からちょっと離れたところで、「はやく終わんないかな」と思いながら、やってもいいがやらなくてもいい家事(流しまわりの拭き掃除など)をしながら、時どきチョロッと見るだけにしている。でも、所詮やらなくてもいいようなことなのですぐに終わってしまい、身が持たない。手持ちぶさただと人間は余計なことを考え「あの男は実は工事人なんかじゃなくて強盗だったりして」とか「いやいや強姦犯だったりして」といらぬ妄想が始まり、「どこをどう逃げるか」「包丁を持ったりしたら逆効果か」などと心の中で身構えたりする。そんなんだから、話しかけるなんてもってのほかである。でもシーンとしてしまうのも息がつまるので、一度は作業員が来る前からラジオをかけておいた。そうしたらそのラジオからたまたま電気工事の際に盗聴器が仕掛けられていたというニュースが流れて、さらに気まずくなった。
だから、例の奥さんが作業員の横にしゃがんで喋る、という馴れ馴れしさがもう信じられないくらいの驚きなのである。つねづね社交的だとは認めていたが、そこまでとは思わなかった。
だが、予想外の驚きは防衛反応で脳を反対方向に引っ張るものである。突然、奥さんの「フフフ」「いや~だあ、もう」というしなやかな声が媚を含んで艶っぽく聞こえてきた。
「工事人ごときにイチャイチャして、いやらしい」
人柄のいい人気者の奥さんが、私の中で誰かれとなく社交的に笑顔で近づく浅ましい女、いやらしい女に変化した。人間というのは自分にないものを持っている人に惹かれたり、反発して嫌ったりする。実はそれは相手の長所をカチッと把握しているということなのである。
ならば、私の深層心理はただひとつ…“うらやましい”だ。くそっ、そういうことか。

こんな私がほんとうに12年に1度のスペシャルな幸運をつかめるのだろうか。
[PR]
by zuzumiya | 2016-09-10 16:54 | ちっちゃい器で生きていく | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/23204660
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

男たちの話
at 2017-10-16 17:16
よだかがここにもいた
at 2017-10-15 17:15
休んでも忙しかったってどうい..
at 2017-10-10 21:37
ネコメンタリー、いいよ。
at 2017-10-09 16:00
フケ顔読書
at 2017-10-09 08:05

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧