男は黙ってビニール袋

今朝、近所のスーパーに夫とふたりで買い物に出た。
そこで久々に夫の長所を発見した。
よくいるじゃないか。レジが終わって袋を詰める台の向こうにヌボーッと突っ立って待っている夫たち。「俺は運転手と荷物持ちなんで」と言わんばかりの夫たち。私は大嫌いなのである。見かけるたびに「突っ立ってねぇで手伝えよ、バカ」と腹の中で悪態をつく。
じゃあ、手伝ったら喜ばれるのかと言うと残念ながらそうでもないのが夫婦というものである。
「だからさぁ、なんで冷凍食品と豚肉を一緒に詰めないのよ。冷えるでしょうが、こうすれば。少しはアタマ、使ってよ!」とキリキリ声で夫の詰め方が悪いと袋に入れ直している妻もいる。夫婦ゲンカが始まる火種はそこいら中にあるものである。
手伝わずにいるのも悪いが手伝ったら手伝ったで上手に相手の意に添うようにやらないと妻の怒りを買うものなのである。ではどうするか。
そこに我が夫の素晴らしさを発見して、私の心はどよめいた。
要はでしゃばらず“自分のできること”をやればいいのである。夫はレジを終えた私の横にしずしずと歩み寄り、置かれたかごの中からまずは豚肉のパックを手に取り、巻きビニールをぐるりとひっぺがし入れ始めた。次に鶏肉、次に卵のパック、次に牛乳、次にお新香のパック。汁が出てしまうと困るもの、落として割れたり破れたりしたら困るものを次々と選んでビニール袋に入れていく。エライのは“それだけに徹する”ことである。勝手に自分の考えでスーパーの袋に入れるようなことはしない。何でも入れりゃいいというのは、前出の夫のように浅はかな自殺行為である。主婦は袋に入れるにしてもきちんと組み合わせを考えて入れているものである。袋の大きさと商品の質と数とを見極めながら入れ、“うまく入った感”を味わって終わりたいものなのだ。夫はそこをよく心得ている。黒子に徹して私をフォローし、私の舞台ででしゃばらず、私に花を持たせているのだ。そうしておいて、自分では花ならぬ重い袋をスッと持つ。よくできた夫だと感心した。で、すかさず褒めたのだが、理由を聞いて「なんだ、そんなことか」としか言わなかった。
スーパーにおける夫の役割を極めていると思うんだけどな。
[PR]
by zuzumiya | 2016-09-04 17:21 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/23190185
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

今を歌え!
at 2017-11-18 15:32
ペットショップの恐るべきおば..
at 2017-11-05 13:55
不眠症かも…
at 2017-10-28 21:53
謝り癖
at 2017-10-25 22:09
母の孤独、私の孤独
at 2017-10-22 15:11

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧