暮らしのまなざし

猫好きには外せない映画~『先生と迷い猫』~

a0158124_1984951.jpg久しぶりによい映画を見た。
よいといっても私の価値観でだが、今の気持ちにいちばん寄り添ってくれる映画だった。毎日、見ようと思えばいつまでだって映画もドラマも見ていられるような悠長な生活である。でも、なかなか気持ちにぴったりの映画に出会えなかった。サスペンスものも重苦しい人間ドラマも見飽きた。ラブロマンスや家族の感動話もうすっぺらくて気乗りがしない。
昔は映画も本も音楽もみな、どこかで教養だとかその人の趣味やセンスの善し悪しにかかわってくる大切なことのような気がしていた。50を過ぎて、単なる人生の暇つぶしなのだとようやくわかった。どんな音楽も美術も映画も写真もドラマも本もすべて芸術はその人の好みでしかなく、知っていることをことさらに威張ることでも知らないことを赤面して恥じることでもなく、すべては単なる好み、暇つぶしでしかない。そう考えるとこんなふうにブログに書いて人にすすめること、いやこのブログそのものも意味をなさないように感じてしまうが、ま、深く考えずに備忘録でもいいか。
タイトルは『先生と迷い猫』という。
イッセイ尾形が定年退職した堅物の校長先生の役で出る。猫好きの奥さんはもたいまさこ。既に亡くなっている。もともとの性分なのか奥さんが亡くなってからなのか、やけに偏屈で町の人々とも付き合わず、当然人々からも好かれていない。そんなひとり暮らしの家へ奥さんが生きていた頃から通ってくるミイという野良猫が勝手に出入りする。先生の留守中に家に入って、奥さんの仏壇の前に寝そべっていたりする。そんなミイを先生は毛嫌いして追い払う。ミイが来ると死んだ奥さんのことをいやがおうでも思い出すからだ。ミイは野良猫なので先生の家だけでなく、近所の美容院や駄菓子屋や飲み屋、港、バス停のベンチの下などあらゆるところに出没しては人々から餌をもらい、名前をもらい、愛情をもらっている。ところがそのミイが急にいなくなってしまう。ちょうどその頃、町の新聞には猫が殺されたという物騒な記事が載ったりして、ミイを知る町の人々も、偏屈ジジイの先生もついには心配になって…というお話。
町に住む野良猫たちの、のほほんとした自然で愛らしい映像が満載で猫好きにはたまらないが、一匹の猫に翻弄されるイッセイ尾形の不器用な偏屈先生ぶりも猫以上にチャーミングだ。ただ、可愛いばかりの映画ではなく、野良猫に餌をやっているだけの人間の無責任さや保健所に保護されている捨て猫の多さについても触れていてピリリとくる。とはいえ、やっぱり見ているこちらはほっこりして目尻が下がってしまう。猫が自由に散歩する伸びやかな世界、野良猫の住む町や人の暮らしの空気の穏やかさみたいなものに、ホッとひと息つけるのだ。ついでに言えば、先生の住む家(小さな庭のある、実に昭和らしい古い家屋)の佇まいが素敵。コーヒーとクロワッサンの食事とか出版社に頼まれてもいないロシア文学の翻訳をコツコツやっているとか、古いカメラが趣味というところも先生のキャラのいい味だ。そうだ、久世さんのドラマ「センセイの鞄」に出てくる柄本明の国語の先生もよかったが、イッセイ尾形の校長先生もユニークで負けてない。それから映画「かもめ食堂」とかのゆるい雰囲気が好きな人なら楽しめると思う。たぶん、何度でも見てしまうと思う。
[PR]



by zuzumiya | 2016-04-22 19:09 | わたしのお気に入り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/22740146
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧