暮らしのまなざし

お疲れさまでした。

昔、占い師に「仕事運がない」だったか「会社運がない」だったか言われたことがある。
風の星座だからか、なかなかひとつところにとどまれない。貧乏だから、とにかく長く働けるところを選んでいるつもりだが、何だか居座ることができない。辞める理由のほとんどが人間関係や家庭の事情で、仕事そのものが嫌いでたまらないということはない。仕事は今でも家に持ち帰ってまでもしっかりしたものを作って提出したいと思うほど。そのために休日が潰れるのも仕方ないと思えるタイプだ。
この三連休も土曜日は出勤で、日曜は写真付きの遊具リストを作る仕事で一日終わった。飲み会で休日は何をしていますかの質問に「仕事してます」と答えて笑われたが、ほんとにそうなんだから仕方がない。だって、この年度末の忙しい時期は事務室の6台のパソコンがすべて出払い、驚くべきことにマイノートパソコンを職員が持参する始末。仕事にならないからとUSBを堂々と園長の前で使ってる職場なんて見たことないが許されている。待機児童問題の陰に保育士資格を持っていてもなりたがらない、あるいは保育士を数年経験して辞めて現場に戻らない潜在保育士の存在があるが、私も49歳で再び保育の現場に戻ってみて、ああ、さもありなんだよなと思った。保育中は子どもを見ているわけだから、保育後に事務仕事となるのだが、身体も神経もしんどいのに、さらに時間外の事務仕事とくればマジにクタクタになる。なのに給料は高くない。今月なんか三週連続で土曜出勤して、家でも仕事して、それでボーナス出るからとか言っても、月にならせば大したことない。産休代替がどこの保育園でも来ないというが、そのために今いるメンバーで何とかやりくりしなきゃならなくて毎日、休憩もろくすっぽ取れずに日誌書いてヒーヒーだ。こんなに頑張ってるのに、担当の保育が悪いから子どもが悪いなんて言われたら、涙ものだ。しつけが出来てない母親を世間が悪く言い、追い詰められて行くのと同じ原理で保育士も追い詰められて行く気がする。特に私の担当児には多動症っぽいグレーゾーンの子がいる。障害だとしたら母親も保育士の私も叱り方が足らないなどと責められるのはおかしいことだ。ああ、こんなんだから疲れてしまうのだ。二度と保育士にはならないという人が出きても仕方がないわな。
[PR]



by zuzumiya | 2016-03-22 22:41 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/22629680
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

夢のなかの街
at 2017-05-20 09:32
母の日=妻の日
at 2017-05-14 18:37
ランチョンマットの食卓
at 2017-05-14 01:11
私の吉田さん2
at 2017-05-07 16:21
母の凄さ
at 2017-05-07 15:00

検索

ブログジャンル