暮らしのまなざし

よくわからないんだけど、なんか違う、という気だけはする。

そして自分はやっぱり、保育士には向いていないと思える。
私だけ見ている方角が違うような、ズレてるような気がしてしまう。
「していいこと悪いことはきっぱり伝えていくこと」はもちろん大事である。それはわかる、なるほどそうだろう。児童票を見ると0歳児の頃からずーっとそのスタンスで毎日毎回、繰り返し注意され続けてきた衝動的で粗暴な子がいる。先生方は毎日叱って毎日注意ばかりしてきた。それこそ、“毎分”のノリである。
でも、変わらない。ずーっと変わらずにきた。なぜだろう。
園でのその子に対する先輩たちの保育を見てきたが、どうやら、「していいこと悪いことをきっぱり伝えていく」だけのことを毎日毎回くりかえしやってその場を“教育的に”済ませてきただけなんじゃないかと思う。言うべきことは言うのスタンスは先生としては結構だが、フォローというか、どうしてその子がそこまで繰り返すのか、同じ方法ばかりでのれんに腕押しでどうも何か違うんじゃないかとか、母親との関係や情緒面や行動の背景についてもっと考察すべきところがあるんじゃないかとか、違う方法論はやってみたのか、担任どうしがその子のためにいかにタッグを組んで協力できるか、とか考えるべきことは他にたくさんあったと思うのだ。叱って注意して「わかった?」「わかった」の繰り返しで、そこでいったん事は終了してしまい「やるべきことはやった」気になって、でも、また同じことを繰り返されて「伝わらない、話が入らない」と言うのはやっぱりオカシイ。話が入るように説明できなきゃいけないし、そもそも情緒の面で受け入れられない何かがあるからこそ話が入らないのだろう。見ていると確かに叱りっぱなしとも違うんだが、あきらかに叱る率が高い上に、それに勝る濃さでその子と向き合えていない気がする。わざわざ叱られる方法を選んでまでも大人の注目が欲しい愛着障害っぽい子だとわかっているくせに、遊びでは“見守る保育”が邪魔をして、その子が求める大人とのつながりができていない。ぼんやりとそんな気がしている。この“見守る保育”というのが曲者で、この保育について正確に「こういうこと」ときちんと説明するのは非常に難しいように思う。言葉が一人歩きをしていそうだ。かかわる保育士の個人レベルで解釈が違い、曲解や誤解に満ちていると思う。必要以上に遊んでいる子どもに話しかけず、遊びを子ども自らの発想で子どもどうしのチカラで展開していくのをできるだけ大人は見守り、遊具・道具などの環境や空間を整える。あるいは、トラブル等の介入が必要な“ここぞの時”にこそじっくり子どもと向き合う。みたいなことを主任に説明されたように思うが、そんなのは子どもの持ってる愛情を求める器がそれぞれ違うから通用しないように思う。叱るとかこれが正しいと言うべきことを言うだけが先生じゃないのに、どうも世の中の“先生”という人種は教育的に考えすぎる。クラス全員をコントロール、大人の操縦可能な“支配下”に置くことを目指しがちで、それができている先生が“デキる先生”と賞賛されている。どうも1歳や2歳の乳児においてでさえそれが“いいこと”とされていて、なんか違うんじゃないかなぁとひとり思うのだ。うまく言えないが、大人の顔色を覗う子どもばかり生産しちゃっていいのかなぁと。羊の群れを柵にいかに短時間で入れ込むかをやってるんじゃないし。それに私が先生ともてはやされてこなかった異業種から来てるせいもあるし、子育てを終了して孫みたいなものだから「今、ここで言わなきゃダメなんだよ」と教育的に近視眼的に焦るというより、「そういう繰り返しでこの子のいい面がいずれ削られてしまうのはもったいないな」と鷹揚に思えるせいなのかもしれない。たぶん、保育士としては失格なんだろう。きっと誰ひとり、私の言わんとするこの思いをわかってくれないだろう。この国の子どもの個性は先生方が口先で「素晴らしいです」と褒めながらクラス運営上、面倒なもの、厄介なものとして平らかにならし、つぶしちゃってるんじゃないのだろうか。
[PR]



by zuzumiya | 2016-02-26 21:44 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/22529046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ダダ at 2016-02-27 17:51 x
こんにちは
体調はすっかり良くなりましたか?
先日、ラジオで文通が話題になってました ラインやメールでの連絡が当たり前の時代に、時間をかけるやり取りに情緒を感じるみたいな話でした  自宅の住所を雑誌に載せるなんてとんでもない時代なので、文通したい人が登録する会社があって犯罪に巻き込まれないようなシステムが存在するそうです 待つとか、すぐに反応を求めないとかがzuzumiyaさんの理想の保育に通じるものがあるような気がしました
Commented by zuzumiya at 2016-02-29 23:35
おひさしぶりです。ダダさんはお元気そうですね。
私は体調は良くなったのですが、2月の後半は(も?)精神的に低迷していました。今年一年の保育やクラス運営について振り返る総まとめ的な全体会議があったのですが、その中で幼児の全体リーダーで且つクラスリーダーでもある立場の人がペアを組んでる新人を個人攻撃し、自己弁護するような文面の反省資料を発表したのがショックで、つくづくペアになる人によって1年が天国にも地獄にもなると思い、やはりこの園では続けられないと人ごとながら落ち込んでおりました。だって、そういう内容の資料を上層部は事前に目を通してokを出していたのですからね。「これはあんまりじゃない?これを皆の前で発表するの?」の声もなかったわけですから。そんなこんなでいまだに尾を引いて暗い気持ちでいますが、明日からは3月。この1ヶ月でお役御免だと思えば頑張れます。でも、先日、全体主任から私の保育についてお褒めの言葉と保育を辞めずにいくべきだとのうれしい言葉を頂きました。4月からはプーで、今までの疲れを癒そうと思っていて、まだ何も決めていません。

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧