タイムトラベラーな一日

a0158124_21463050.jpg映画「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」を見た。
タイムトラベルものは過去と現在を行ったり来たりするので時々、時間がわからなくなって苦手だったりするが、これは素敵なラブ・ストーリーだった。何が素敵って、エレカシじゃないけど「愛すべきは今日、この時」という着地の仕方がだ。
一日の終わりのベッドの中で、もう一度過去に戻れるなら、いい思い出のあの日じゃなく今日のこの日を一からやり直す。そうすれば忙しさで見落としていた美しいものが見えて、何気ない人の優しさに気づいて、今日という日がかけがいのない一日としてちゃんと輝いていることがわかる。その幸せ、その尊さに気づいて感謝したくなる。そうだよなぁ。
今日という日を未来から来た自分がもう一度あらためて味わいに来た過去だと思って生きたら、きっと大事に毎日を暮らしていけるんだ。いいお話だった。

タイムトラベルつながり(?)でエレカシの1998年の武道館のライブと岡村靖幸の2011年のライブ「エチケット」をたまたまアップルTVで見た。
私は過去は美しいものとは思ってないし、どんな過去にも戻りたくないと思っている方で、だから前に行くしかないっていうくらいの前向きなんだけど、そして31歳の宮本くんより49歳の今の彼の方がずっとずっと素敵だと思っている。岡村ちゃんとは同い年で、20代の頃eZを見て、ライブに行き、まさに原曲を聞いていたが、アレンジが素晴らしくてやはり彼は間違いなく天才だと思った。50近くにもなって“くまのキャラクター”はないだろうとか「セイシュン」を歌うのはキビシイと思ったが、彼特有の茶目っ気や母性本能をくすぐるような愛らしさには思わず頬がゆるむ。エッチな歌をどれだけ歌ってもなぜか可愛くて、50の彼の中身はものすごく真面目で純情で「レンアイ」に不器用でどうしようもなく臆する少年だって感じがする(すごい戦略?)。20代くらいの若いファンがごそっとついていてびっくりした。彼にはもっと正真正銘、オトナの恋愛の歌を歌ってほしいな。

明日はクリスマス・イブ。すべての人に幸せが感じられる日でありますように。
[PR]
by zuzumiya | 2015-12-23 21:46 | わたしのお気に入り | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/21961919
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2016-01-15 12:47
タイトル : 美しき三角関係?プラトニックな愛の物語
クララ・シューマンを巡ってLove story of Clara Schumann and Brahms クララ・シューマンは、19世紀に活躍した女流ピアニストでした。幼少時代は、「第二のモーツァルト」といわれた神童で、19世紀当時、圧倒的人気を誇っていた女流ピアニストであり、ショパンは「僕の練習曲集を弾ける唯一のドイツ人女性」と絶賛され、ゲーテも「才能ある芸術家クララ・ヴィークのために」という銘文を刻んだメダルを贈りました。... more


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

今を歌え!
at 2017-11-18 15:32
ペットショップの恐るべきおば..
at 2017-11-05 13:55
不眠症かも…
at 2017-10-28 21:53
謝り癖
at 2017-10-25 22:09
母の孤独、私の孤独
at 2017-10-22 15:11

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧