暮らしのまなざし

私のドツボ

子どもが嫌いというわけではない。
ただ、保育士になるといつも同じところで足をすくわれる。
母親が世間から子どもの出来不出来で評価されるように、保育士も持ってるクラスの子どもの出来不出来で自分の評価が決まるように思えてならない。そうじゃないのかもしれないが、問題は、私がそう思えてしまうというところにある。他の先輩保育士や上司の目を気にして、いつの間にか保育している自分がいる。
「早くして」と先輩に急かされれば、「あなたが早くしてくれないから、私が怒られる」とグズグズしている子どもに腹が立つ。子どもの側に立てば違うだろ、とわかっていても、ついつい大人の人間関係、大人のしがらみ、事情の方に心は向く。そうして、子どもを間に挟んで評価される保育士という仕事が実に厄介に思えてくる。

このドツボに嵌るとなかなか抜けられない。保育がつまらない。
[PR]



by zuzumiya | 2015-11-09 22:32 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/21820601
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧