暮らしのまなざし

写真家のドキュメンタリー

a0158124_14172759.jpg結構、ドキュメンタリーが好きでよく見ています。
しかも、アーティストのやつ。今朝も休みで早く起きて、2本ドキュメンタリー映画を見てました。
今日は両方とも写真家。以前、アニー・リーボヴィッツを見たけど、今度はビル・カニンガムとレスリー・キー。
ビルは82歳の現役カメラマン。NYの街角に立って50年以上も街を行く女性たちのストリートファッションを撮ってきた。NYタイムズにファッションコラムも持っている。ドン小西みたいな人物じゃなく、自身はパリの清掃員と同じ上着をきて(カメラで擦れるから衣服は何でもいいんだって)、食には無関心、カーネギーホールの上のネガがいっぱい詰まったキャビネットに囲まれた小さな部屋に住んでる(今は引っ越したのかな)。
a0158124_1418972.jpgレスリーの方はシンガポール出身のカメラマン。孤児院育ちで、自身の写真が1歳から12歳までなくて、母親が13歳の誕生日にカメラを買ってくれたのが写真との最初の出会い。妹の写真を撮ってあげたい、そこから彼の愛ある写真人生は始まったのかな。80年代の日本の文化(音楽や雑誌の広告写真など)に憧れてバイトしてお金をためて日本の専門学校に入るんだけど、異国の地でもバイトしながら写真の勉強しながら、ものすごく努力した人。二人とも根底に人間への愛があるというか、撮ることにただもう突き動かされてる感じ。情熱家。笑顔がすこぶるいい。
見終わって、すごく気持ちが晴れ晴れした。いい仕事したいな、なんて久しぶりに思った。

漫画は「アンダー・カレント」を読了。評判通りのいい漫画。これから娘とデートです。
映画のタイトルは「ビル・カニンガム&ニューヨーク」と「アート・ドキュメンタリーLOVE 写真家レスリー・キーの世界」です。興味がある方はどうぞ。
[PR]



by zuzumiya | 2015-10-25 12:24 | わたしのお気に入り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/21771944
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧