帰りたくなる家に

風邪はまたしても咳を残して去りました。
もともと気管支が弱い方で、煙草なんて吸いたいと思ったこともない人で。
この雨が降ったり止んだりの気候のせいか、喘息っぽい咳が胸の奥に巣食ってモヤモヤしてます。気圧のせいか、気苦労のせいか、視力のせいか、頭痛も頻繁ですし。あぁ。スッキリしないなぁ。
土曜日から三連休だったのですが、のんびり家でDVD見て過ごしました。例のベニシアさんの『猫のしっぽカエルの手』をDVDで購入しました。春夏編と秋冬編があるのですが、今の季節に合わせて夏と秋を見終わりました。それから影響されて部屋の中を少し片付けたりなんかして。
引っ越して、職場から自転車で30分もかかって遠くなってしまい、夏の暑さとあいまって、だんだん心身共に疲れてきてしまって、家が持てたことの本来のヨロコビが薄れてきてしまっていました。自分にとってどんなあばら家でも御殿でも、帰りたい家であること、それがいちばんだよな、なんて思ってて、今のこの家はどうなんだろうって、しんみり考えちゃって。
世の中の多くのお父さんが一生懸命働いて、通勤に1時間半もかけてまで持ちたい家。ローン返済のために土日まで夫婦で働いて、ほとんど寝に帰って来るだけの家という人もいるでしょう。そんなにまでして持ちたい家というのは人生において何なんだろうと。頑張ってる自分への、家族を満足させていると自負できる証なんでしょうか。
でも、私みたいにちょっと時間が経てば、すぐに家というものに慣れちゃって、感動が薄くなっちゃって、バチ当たりなんでしょうが、やっぱりガワでなくナカミなんだよなって思うんです。って、話が飛びましたが、帰りたくなる家のために、ひいては
暮らしそのもの、人生そのもののために、ああいうベニシアさんのDVDとかが時には私には必要なんですね。自分の家が、暮らしが、すなわち人生の一刻一刻がどーでもいいやと心から離れがちになった時、見ると、戻るんですよ、本来の位置に。
彼女のエッセイなんて本当にシンプル。シンプルすぎて、音楽に乗って水のように通過しちゃう。でもね、そういうもんなんだろうとはわかっています。大事なことはそんな大袈裟でなく現れるんですよね、いつでも。事件的なことはそうそう日々の中では起きないものです。
でも、心が平穏でなんだか多少のことは許せるゆとりみたいなのがある時は、五感もちゃんと立っていて、そういう時は小さな、ささやかなものでも心のアンテナに引っかかって、あぁ、世界は素晴らしい、なんて感動できる。そして、そんな今日に自分に感謝できる。シアワセはやっぱり、身近なところで、ささやかなところから来るんだと思います。そこに気づけるかどうかで、幸福度は変わる。お金はあるととっても便利だけど、幸福に暮らすと必ずしもイコールじゃない。家を持つということは、帰りたくなる家を作るということ。あなたの家は帰りたくなる家ですか。
身近すぎて、ささやかすぎて、時に忘れちゃうけど、家で本来の自分に戻る、いちばんいいコンディションの自分に、自分が好きな自分に、戻してあげられるってことが大事なんだよなって、つくづく思う。







[PR]
by zuzumiya | 2015-09-07 15:44 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/21622341
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

今を歌え!
at 2017-11-18 15:32
ペットショップの恐るべきおば..
at 2017-11-05 13:55
不眠症かも…
at 2017-10-28 21:53
謝り癖
at 2017-10-25 22:09
母の孤独、私の孤独
at 2017-10-22 15:11

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧