かばんを持ったら、さよならだよね

毎日朝7時半に家を出て、夜の8時、9時に仕事が終わる。早番だろうが遅番だろうがこれじゃ同じである。書くべき書類の数々、それらの注意、直し…。書類ばっか書いてて疲れてしまい、実際の保育がなおざりになりはしないのかな、なんて思ったりする。

私が上がる時間がきて、さあ、帰るかとかばんをクラスのロッカーから取り出すと、
必ず子どもたちが寄ってきて、バイバイと言って手を振る。それがなぜだかとてもせつない。別れというもののどうにもならなさを毎朝、繰り返し母親との別れで知ってる保育園児だからか、今の今まで一緒に遊んでいた1歳4ヶ月の子どもでも笑って「もう行く時間なんだね。じゃあ、またね」とつぶらな瞳で“見送って”くれるのだ。この「かばんを持ったら、さよならだよね」の気持ちの切り替えどころが、なんとも健気というほかなく、胸をきゅんとつかまれる。
保育園に来て、大人に足をすくわれるけど、子どもに助けられている。
今日も子どもたちに会いに行こう。










[PR]
by zuzumiya | 2015-05-01 05:53 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/21179333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

保育士あるある3
at 2017-09-24 12:22
CMに物申す
at 2017-09-23 17:30
一緒にいる理由
at 2017-09-23 14:14
ただでさえ怖いんだから
at 2017-09-23 13:45
私の母はカッコイイ!
at 2017-09-19 20:34

最新のコメント

検索

ブログジャンル