暮らしのまなざし zuzumiya.exblog.jp

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

絆創膏と一杯の水

先日、子供と外で遊んでいて、いきなり「ここ、痛い?」と訊かれた。
見ると私の指先は、ささくれがとれて跡が少し赤くなっていた。
「ひーちゃんも、ほら」と見せてくれた小さな指には、可愛らしいキティちゃんの絆創膏が巻いてあった。思わず「可愛いねえ」と笑うと、「これ、ママが貼ってくれたんだよ」とまるで指輪でも見せつけるように自慢げに手を揃えてにっこりした。
ああ、そういえば子供って、絆創膏を貼ってもらうの、なぜか嬉しがるんだよなぁ。
あれはどうしてだろう。
痛いのを治してもらうのはもちろんなのだけど、きっと、誰かにケアされて大事にされた“証拠”を自分で見たい、他の誰かに見せつけたい、そういう甘やかな心理が働いているのだろうか。勲章というわけではないが、傷があることより、やさしくされた、愛情をかけられたことの“特別感”のようなものが子供の絆創膏には漂っている。傷の痛みより、ケアしてもらった喜びと満足で心がやんわり弾んでいる。
園でも保育士が貼ってくれる絆創膏より、看護師が貼ってくれる絆創膏の方が子供たちはより喜ぶという。いつもの先生じゃなく、“看護婦さん”というところにより特別感があるのだろう。
朝、子供を送ってくる保護者のなかに喘息持ちなのか、激しく咳き込む方がいる。
玄関の方でコンコンコンコンと苦しそうな深い咳が聞こえてくると、園の看護師がすっと立って、紙コップに水を入れて持って出る。そばにいた保育士は「ほとんど毎朝なのよ」と苦笑いした。そう聞いて思い出すと、玄関の前に職員室があるにはあるのだが、職員室のドアの前あたりでいちだんと長く激しい咳き込み方をしたように思えた。保育士によると、最近は子供のことより「お母さん、大丈夫?」と言いたくなるような、心のケアが必要な保護者が多くなったという。
それにしてもドアが閉まった職員室で、知らぬ存ぜぬで済まそうと思えば済むものを、毎朝、ちゃんと立って一杯の水を持ってケアしに行く園の看護師を私は素敵な人だと思う。
看護師は傷を処置して治してくれるから看護師なのじゃなくて、ケアしてくれるから看護師なのだと思う。
もっと言えば、そういうオーラを放って仕事をする人、なのだろう。絆創膏の話からなぜかあの咳き込むお母さんを思い出したのも、きっとあの何でもないただの一杯の水があのお母さんにとって、特別な絆創膏なんだろうな、と思ったからだ。
[PR]
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/20911393
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nobsan at 2015-02-21 21:46 x
模様替え!春らしくていい感じですね!
by zuzumiya | 2015-02-20 15:24 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(1)