暮らしのまなざし

心の姿勢をなおす

先日、初めての給料日だったのだが、雇入れの事前打ち合わせで園長と話していた金額から基本給が1万違っていて「アレ?」、それから住宅手当も賃貸、持ち家にかかわらずたとえ数千円でも出るはずなのに、0円。試採用だからなのだろうか? 
就業規則は頂いてあるのだが、まだきちんと本契約を書面で両者捺印で交わしたわけではないので、はっきりとした手当等の金額表示が口頭だけだったわけだから出なかったのか、これから何かが変わるのか、う~む、ちょっと気持ち悪いし、考えると不安である。お給料のことは、まさに今の自分の評価、能力の値段であり、お金にがめついみたいでなかなか言い出しにくいものだが、何か機会を見つけて訊いてみようと思う。疑心のまま、仕事を続けたくない。
でも、それでも、今まで契約やパートで働いてきた額面が今回は手取りの金額になっているので、やはりお金がたくさんもらえるのはうれしい。助かったなぁと思う。
で、今まで家のために(特に私が12月、脇腹打撲であまり働けなかったので)子供たちがお金を出していてくれたので、私からの感謝の気持ちということで二人にお小遣いを渡した。夫には誕生日プレゼントをはずんで、それからご飯をご馳走した。
どうしても仕事を始めると、頭が仕事のことでいっぱいになり、疑問や不安や、さらには愚痴や批判が出てきて、ついついブログにも仕事のことを書きたくなるが、やっぱりやめようと思う。なぜかというと、ここにぜんぶの事情を書けるわけではないので。消化不良な後味の悪いものをわざわざ公表する必要も価値もない。
仕事の具体から離れたところでも、この毎日に何かをつかめるか。そのためには“意識して”心に余裕を作ること。すなわち、心の在り方、姿勢を正すことだろう。そうしなければ、毎日は見えてこない。
今日、駅のそばで信号待ちをしている時、道路脇のお地蔵さんに心のなかで挨拶した。
「お久しぶりですね。今日もよろしくお願いします」
出かけて行って帰ってきた際にも「今日もありがとうございます、無事に帰ってきました」
ただそれだけだけど、駅を使わなくなって自転車通いの毎日では、何かに感謝すること自体を忘れてしまっていることに気づく。毎日の暮らしに、大げさでなくほんのちょっと心のなかで手を合わせて、にっこり微笑むような、そんなひとときを持てる人でありたい。
[PR]



by zuzumiya | 2015-01-27 19:28 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/20811162
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

またしても優男にやられる
at 2017-04-30 06:59
どんな町に住みたいですか?
at 2017-04-29 22:22
家の表情
at 2017-04-29 09:14
有資格と無資格の保育
at 2017-04-26 23:15
認めてくれたのかな
at 2017-04-23 14:08

検索

ブログジャンル