どうなることか、保育士復帰!

この年で就職活動というのは、非常に疲れる。
毎日ジャージの私が慣れないスーツを着て、ヒールのあるパンプスを履いただけで緊張してキャラが変わってしまいそうになる。
服に着られてオドオドしたくないので、「自信をもて!伊達に生きてきたわけじゃない」なんて気合いを入れて、鏡の前で姿勢を正し、締まった顔つきをする。
それで面接に行って、ある園では「アカデミックだねぇ」(←頭でっかちの意味)「保育士っぽくないねぇ。ほら、保育士ってもっと野暮ったいでしょ」とほめられてるのか、けなされてるのかわからないことを言われる。(←でも、この園、「話してみたら、キミいいよ」と気に入られ、即合格だった)
49年も生きてくれば、それなりにいろんな職歴もあり、出自が広告業界じゃなくても自分をある程度アピールする術を知っている。作品やら賞やら評価なども職務経歴書にはちゃんと書き込んであるし、しかも自分なりのセンスでパソコンできれいに作ってある。事務畑を歩いてきた人ならもっと上手に作れるはずだけど、こんなんでも保育畑では目立ってしまうようで、整った体裁と内容にみんな「すばらしい経歴で…」って一様にほめてくる。これが妙に嫌味に聞こえてしまう。

試しに映画で見る外国の面接みたいに(←昔から一度やってみたかったんだけど)、私が図書館時代に作った展示物、おはなし会の手遊び歌のプリント、企画した子育て講演会の書類一式なんかをファイルして園に持って行って、プレゼンみたいにやったら、完全に引かれちゃって(笑)。私の仕事にかけてきた情熱を見てくれるんじゃなく、個人の評価を気にするチームワークのできない“個人プレーヤー”と思われたみたい(笑)。
でもね、図書館では月まわりで一人で企画して展示の準備するんだし、そりゃぜーんぶ自分の色と力でやってましたよ。それが当時、のんきな公務員から民間に委託された指定館スタッフの心意気。みんな給料安くてもバリバリサービス残業して仕事してたんだから。
そういえば、その園からは「バリバリ、仕事がしたいんですか?」なんて訊かれたっけ。
ということで、パート合格の園あり、正社員落ちる園あり、正社員でも即合格の園あり、パートから始めていずれ正社員へという口約束(!?)の園ありで、いろいろ経験させてもらいました(笑)。ほんと振り返ってみると自分を見つめるいい勉強になった。

夫の家の近所に保育士募集があって、受かったら夫と一緒に住もうかなと思っていたけど、どういうわけか、そこは新卒でもないハローワーク出身の私にもピアノの実技をするというので辞退した。と書くと逃げてるみたいだけど、実は見学に行った際になんだかなぁと思う光景を見た。床暖房(!)だからという理由で、ネットが張られた担架みたいな強化プラスチックの簡易ベッド(床から20センチくらい浮いてる)を並べて、ネットにバスタオル敷いて、子供たちがお昼寝していて…。保育士に聞くと、おもらししても布団じゃないから替えるのがラク、週末週初めにやる布団カバーの取り外し、取り付けがなくなって親たちも助かっているんだって。いくら大人がラクになったといっても、子供たちの寝ている姿はとてもラクそうに見えない。担架のような身幅ちょっとのそんなに大きくないベッドでは、寝相が悪ければ、枠のプラスティックに頭や足が当たって痛そうだ。まるで、カプセルホテルのよう。昔のようにホールいっぱいに布団を敷いて、頭や足がはみ出たって誰かの布団がそこにあってくれるような、いっぱい遊んで疲れて大の字に寝られる気持ちよさをなくしてまで、大人のラクを優先させるのは違うなぁ、と思った。
それから、ちょっと早めに園に着いた私をどこかの部屋に入れて席をすすめるでもなく、ずっと玄関の隅に立たせたまま5分以上も待たせた対応の悪さというのもある。募集人数が5人というのも多すぎて、それだけ一度に一つの園から人が辞めるというのは、人間関係に何かあるのかもしれない、あやしい。
でもね、せっかく別居解消になるかと思っていたのに辞退してしまい、なんとなくこのまま離婚に繋がっていく運命なのかな、と暗くなった。

印象の悪い園もあれば、ものすごーくいい園もあった。
よく言われることだけど、電話対応。これが職場を判断するときにわかりやすい。就職活動で不安と緊張を抱いたままかけた電話の先の声がぱっと華やいだ感じに明るく、しかも相槌の語尾に柔らかな共感と同情があって、「なんとかしてあげたい」という気持ちの発露を感じた園があった。一瞬にして「この園はいい!」と確信した。対応してくれたのは主任なんだが、私は思わず「主任、電話の対応が今までのどの園よりもよくて、ほんとにすばらしいです!」なんて口走ってしまった。電話という目に見えないやりとりで、心のガードをゆるめる、しかもうれしさを伴って、というのは最高のホスピタリティだと私は思う。ふいにかかってきた電話ですぐにそれが表せるというのは、園の教育が行き届いているのと同時に、日頃の保護者対応もよくできているということであり、さらに想像すれば、主任自身の人柄だけじゃなく保育士同士もわりと円満な人間関係が築けているのかもしれない。実は先の保育士研修でお世話になる実習先がこの園と同じ法人系列園で、研修の時にいらした園長先生の話が素敵だったので、同じ系列なら行ってみようと家から近いこの園を選んだ。

研修の時の園長先生も熱い人だったけど、この園の園長先生もすばらしく熱い人柄だった。
なんというか情のある、情の濃い人。私の好きなタイプの人間。最初はただの見学のつもりだったけど、念のため持参した私の履歴書と職務経歴書に目を通したとたん、「あなた、熱い人ねぇ」ときて、「あなたがそこまで熱い人なら、なんとか応えてあげなきゃ」とあらゆる資料を引っ張り出してきて、それから延々2時間以上も園長と話まくり!
いちばん良かったのは、法人の理念というか、トップの理事長夫妻(なんと研修の園長先生は理事長の奥様だった!)の保育にかける思いを書いた文章を読めたこと。ここでは詳しくは書けないが、そういうパンフレットには普通、抽象的な美辞麗句が並ぶけど、ここの法人のトップの書く文章には「嘘がないな」と感じた。と同時に、私のような人間でも保育の世界で生きていていいんだ、入れてもらえるかもしれないという、人を包み込むような懐の広さを感じた。ネットで調べて後でわかったことだけど、研修の園長先生(理事長夫人)の園紹介コメントが私が志望動機で書いた保育に対する考え方と同じで、これまた驚いた。よくよく縁のある園なんだろう。
見学の最後には園長先生と抱き合って、手を握り合って、なんだかうっすら涙まで滲んじゃう感じで、すごいパワーをいただいて帰った。

それからというもの、合格した園は断り、新たに面接の約束も辞退し、実は今日も新宿の方まで面接に出向く予定だったが、辞退するつもりでいる。すべての園が色あせてみえ、応対する保育士の笑顔が作り笑いに見える。新たな園を考えるたびに、抱き合って涙したあの園長先生の顔が光って浮かんできて、あの時の園長先生への恩をないがしろにできないな、と思ってしまう。
昨夜、今日面接に行くはずの園の紹介をネットで見ていたら、それぞれの園は非常に(たぶん、ダントツに!)頑張っているものの、法人のトップ、理事長の保育への思いにどうしても共感できなかった。これも書き方ひとつなのかもしれないが、でも、やっぱり、そういう言葉を選ぶのは違う、疑念をぬぐえないと思った。家からも近いし、正職員だし、待遇面もすごく良かったが、それでも私は受けるのをやめる。それでいいんだと思う。
今まで、法人の理念、法人のトップがどう考えていようと、現場にはあんまり関係ないやと思っていた。でも、どうせ働くならトップを尊敬したいし、そういう素晴らしい人の下で働きたい。そう信じたい、そういう自負をしたい。それが愛社精神というもの。正職員になったら、同じ法人系列園に転勤もある。でも、きっとみんなトップの考えに賛同したいいところなんじゃないか、と思える(「思える」だが)気持ちがあること、それが何より大事じゃないかと思う。とはいえ、11月に実習をして、12月から年度末まではパートだ。
パートでへたばって「正職員になんて、ならなくてもいいや」と諦めてしまわないようにとだけは思っている。


さらに、とはいえ…。
実は就職活動している際に見つけたんだけど、東京都のある離島で保育士を募集している。
どうにもならない夫との関係も、自立できるのに親に頼るパラサイトな子供たちも置いて、猫だけ連れてひとり島に渡ってしまうのも、人生一度しかないし、面白いかな、と思ってしまう。人生変わるよね~。すごく興味があって、実は問いあわせもしている(笑)。
熱い園長先生と人生を変える島の保育士との狭間で揺れちゃったりして…。どうなることか。来年、お正月にどこにいるのかさえ、わからない私(笑)。
[PR]
by zuzumiya | 2014-10-24 08:27 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/20316508
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

男たちの話
at 2017-10-16 17:16
よだかがここにもいた
at 2017-10-15 17:15
休んでも忙しかったってどうい..
at 2017-10-10 21:37
ネコメンタリー、いいよ。
at 2017-10-09 16:00
フケ顔読書
at 2017-10-09 08:05

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧