19日で、49歳。四苦八苦の新たな私…。

前回はちょっと疲れていたのか、マイナスな雰囲気のものを書いてしまった。
正直なところ、人間はいつでも前向き、生きているのが楽しい!というわけでもないし、私の場合、頭でっかちで何事も難しく考え込んじゃう傾向があるから、人生は無常で虚しいというのも実に本音であって、たまにはしょうがない。
実は今、職場に内緒で就職活動をしている。
図書館に勤めていた頃には司書に、特養に勤めている今は介護士にならないかと行く先々で誘われてきて、それはそのまま私の働きぶりへの高評価として素直に嬉しく思ってきたが、その度に新たに資格を取ることには抵抗があった。なぜなら私には保育士の資格があるからで、今回、40代最後の年を迎えることもあり、眠っている資格を生かして保育の現場に戻ろうかと思っている。
で、今日、立川でブランクのある保育士の現場復帰を目指す研修というやつに出た。明日もある。研修が終わると、希望者には3日間の保育実習があるのだが、自己紹介でみんながみんな保育士として再就職したいと言っていたにもかかわらず、なんと20数人のうち実習希望者は私を含めて4人しかいなかった。どういうことなんだ?
実際、せっかちの私は、もう面接を1社受けている。今月だけでまだ2社受ける予定だ。来月にも就職相談会がある。介護も保育も需要はあって、特に保育は待機児童を減らさねばならないという国策があって、保育士復帰は難しくないはずなのだが、年齢と経験年数、ブランクの長さが不安の種。年齢に関していえば、若い保育士にない人生経験からくる精神的な落ち着き、みたいなものがウリになるはずだが、いまだ、若さを可能性、可塑性とみて、そっちの方が教えやすいと望む園もある。
若い子は保護者との対応で行き詰まりやすく、お母さんに「先生は学校で保育のお勉強をされてきたけど、実際に子供を生んで育ててないから、本当のところ、私の気持ちなんてわからないのよ」と言われてしまって、言い返す言葉がなかったりする。若い子はそれでプイとやめてしまうことが多い。年齢を重ねて、向こう見ずな若気の至りがなくなった分、踏ん張る力、粘る力はあるはずなんだが、それがうまく面接で園に伝わるかである。というか、人を年齢で見て、その段階で「先がない」「先が知れた」と切るような園は、もっといえば「面接に呼んでこの人の生きてきた人生で得たものの話を聞いてみようじゃないか」と人間を面白がれない園は、子供に対してもどこかで同じ価値の切り方をすると私は思う。保育や教育や、上っ面の耳障りのいいもっともな理想論を言うことは楽だ。園舎もきれいでいかにも親ウケを考えた感じの園もある。研修でもびっくりしたのだが、2つの園がきて、やっている保育がまるで正反対なので、いくら地域に根ざした保育とはいえ、ハイソな地域とそこそこの地域とで育てられた子供の成長のスピードと内面は大きく違うんだろうなと不安に思ったりする。待機児童を減らすために、大小さまざまな規模の園がある意味、乱立していく時代になって、園によって保育の理念、やり方みたいなものが千差万別になっていく今、保護者のように保育士も園を選ぶ確かな目が必要だと感じた。保育士として入ってはみたものの、園の考え方と合わない、なんて不幸なことがないよう、見極めていきたいが、通勤時間や賃金などの諸条件も関わるから、ほんとに探すのは難しい。50を前に今更こんなことになるなんて、何やってんのかとため息が漏れそうになるけど、でも、一人で生きていくことも考えたら、頑張るしかない。はい、明日もまた、頑張ります。
[PR]
by zuzumiya | 2014-10-11 21:51 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/20278993
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

男たちの話
at 2017-10-16 17:16
よだかがここにもいた
at 2017-10-15 17:15
休んでも忙しかったってどうい..
at 2017-10-10 21:37
ネコメンタリー、いいよ。
at 2017-10-09 16:00
フケ顔読書
at 2017-10-09 08:05

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧