「この世は最高!」とキミは歌うけれど

今日、新しくおばあさんの入居者がきた。
彼女が娘さんに車椅子を押され、部屋へ案内されている間、同じく車椅子の旦那様が食堂にひとり残り、テーブルの人たちと談笑していた。
「私の家内なんです。どうぞよろしくお願いします」
ふと聞こえたその言葉に、なぜだか胸を掴まれた。
年をとり、互いが車椅子になって、旦那様の方はうちのホームには入れないようだから、娘さんが面倒を見るのか、はたまたどこか別の施設に入居するのかはわからないが、人生の最後の最後にやむなく離れ離れになるという選択をしたふたり。それでも、妻の身を案じて、どうぞよろしくと笑顔を作って頭を下げている老夫を見ていると、なにか、しみじみとした気持ちになる。微笑ましいのと同時に、私の老後はたぶんあんなふうにはならない、私はもうなくしてしまったんだ、という思いが胸をよぎり、うっすらと淋しいような、孤独を感じた。

賽の河原というけれど、この世の人生だって、積んでは崩れ、積んでは崩れの繰り返しじゃないかと思う。少なくとも私はそうだった。頑張って積み上げたはずのものを一瞬で崩してしまう。あるいは崩すハメになる。何もかもが中途半端。仕事もそう、人との関係もそう。そもそも執着というものが人より薄いのだろうか。幼い頃、あんなに求めていた家族さえ、この手で壊してしまった。
何かを成すために、何かをわかるために、この世に生まれてきたのだとしたら、その何かとはなんだろう。私は無常というものの虚しさ、それに尽きる気がする。
全てはとどまることなく流れていく。いいことも悪いことも、ぜんぶがぜんぶ。
変わっていくことに新鮮さや希望を見いだせて胸躍らせるのは若さゆえなのだ。今の私は、変わっていくことに、とどまれない時間の流れに、ただただ呆然としてため息が出る。人生の持ち時間の多い少ないじゃない。これから長く生きても予想外に短くても、私はきっとこの世は無常であるという真実とそれゆえの滲みるような虚しさに打たれるだけだ。
なんだか仏教徒みたいになってきたな(笑)。
でも、すべては変わりゆくという無常を受け入れ、心に止め置くことさえできれば、きっと孤独をも我が物にできる、そんな気もする。
[PR]
by zuzumiya | 2014-10-07 21:40 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/20266618
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みみ at 2014-10-09 23:07 x
ご無沙汰しております

素敵なご夫婦ですね。
私は夫と。どのような老後を迎えるのだろか。ふと考えてしまいました。
共に生きていたとして。
この様に労られて。家内ですなんて挨拶してもらえるほど。私はあの人に取って必要なのだろうか?

この手で壊してしまったとありますが。
一緒に暮らすだけがご夫婦ではないと私は思います。離れて暮らすからこそ思いやれる関係もあっていいのではないですか?
zuzumiyaさんとご主人の関係。
ここを読む限り。私は素敵だなと思います。
Commented by zuzumiya at 2014-10-11 21:47
みみさん、こんばんは。おひさしぶりです。お元気でしたか?
そうですね、たしかにあの時、私は羨ましかったのかもしれません。ああいうふうに夫に言ってもらえたら素敵だな、なんて思ったりもしました。家族は、もう家族家族と騒ぐほど子供が小さいわけでもないんですが、「一緒にいない」ということが楽でもあり、欠けてる感もありで複雑です。「もう、このままでもいいや」と思ったり、「いや、このままじゃいけない」と思ったり、常に迷っています。ただ、そういう意味では一緒に暮らしていた頃より相手の存在について「考えて」はいるのでしょうね。素敵なんてことはないです。無様を晒してます(笑)。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

私という有限
at 2017-08-16 20:44
こんな体たらく
at 2017-08-14 19:30
「more records」..
at 2017-08-12 06:24
生まれ変わっても会いに行く
at 2017-08-07 20:48
夏休みはクーラーの中でひたすら
at 2017-08-05 08:28

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧