暮らしのまなざし

大人の恋がウケるもんだから

テレビをつけたら、TBSは「同窓会」フジは「昼顔」となんだか人妻の恋がドラマのネタに取り沙汰されているようで、世の中そんなに皆さん不倫、もしくは不倫願望があるんでしょうか(笑)。“乙女おばさん”の乙女エネルギーについても私の毒舌の男友達なんかはブログを見てて、主婦(主婦とも限りませんが)の解消されない欲求不満が根っこにあるようなことを言っていましたが、何か自分の文章が穢されたみたいで思わずムッとしてしまいました。
淋しさについての話もちょっと書きましたが、淋しさというのは「あの人から欲しいと思うものがどうしても事情があって貰えない」という時に湧いて出てくる感情で、すごく切ないことに対象は誰でもいいわけじゃなく、もろに心は“あの人”と限定しているんですよね。そこを他の誰かで埋めようと無茶してごまかすからおかしくなるんでしょう。淋しいから恋がしたくなるというか、恋しちゃうというのは、やっぱり違うのかなと今日の私は優等生主婦丸出しみたいで(笑)、そう思ってます。
特に「昼顔」の設定に嫌悪感があります。“平日昼顔妻”っていうんですか。家庭は壊すつもりはない、いや逆に不倫によって満たされた主婦は、だからこそ夫にも子供にも優しくできて、家庭運営を円滑にできるという仕組みらしいです。うーん。お金と地位のある旦那さんが外でやってる浮気を奥さんも暇という環境下でやってるんでしょうか。頭ではわかりますよ、想像もできないわけじゃない。小説も映画もそういうのいっぱいあるから見てきたし。だけど、自分はどこかで罪悪のストップがかかる。実の母親が子供じゃなくて男を選んじゃった、それで昔も今ですら選ばれなかった子供のままである私は母親への嫌悪感が激しいから、やっぱり不倫はできないな。ひょっとしたら母性が強いのかも。
「どうしても事情があって貰えない」その事情に自分が深く関係していて、自分のせいだと思う(これもひとつの相手への優しさでもあるんですが)と自己否定の感情が増してきて、淋しさに拍車がかかるのかもしれません。昼顔妻たちというのは本当に自分に自信があるのかないのか、何かを確かめたいのか目をつぶって曖昧にしておきたいのか、私にはよくわかりません。そういった意味(人間を知る意味)でも、多少の嫌悪感はあってもドラマは見続けた方がいいのでしょうかね。
[PR]



by zuzumiya | 2014-07-18 01:02 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/20009054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みみ at 2014-07-18 11:35 x
激しく頷きながら読みました。
感情は芽生えるものだから仕方がないとしても。行動は理性で抑えるのが大人というかなんというか。人によって価値観や普通の基準が違うから一概にはいえないし、自分の考え方が正しいとも思っていません。
けれど、あの設定はう〜ん。そりゃぁ、夫婦していたらお互いに少なからず不満があって当然で、なければ嘘だと思います。
だからといってしていいことと悪いことがある。なんというか…今、自分の思いを上手く文字に出来ない自分がとてももどかしいです。
文字制限、大丈夫かしら?
Commented by みみ at 2014-07-18 11:41 x
続き…
母性。とても重いものだと思います。
私は母の愛をものすごく受けて育ちました。子を持つ同じ母となってその偉大さを痛感することが多々あります。母の女としての人生は果たして幸せだったのかどうか。私には推し量れませんが、同じ母という立場の女として、母性>女性の人間にはきっと幸せだったと信じたいです。
Commented by zuzumiya at 2014-07-19 23:46
みみさん、コメントありがとうございます。みみさんはたしか、20年ぶりに昔好きだった彼に再会して、結婚してはいるけれど、恋人未満の関係で親友(心友)になれたらと思っていらっしゃるのでしたよね。だからこそ、不倫は論外だと。不倫を肉体関係と捉えると、逆にもしかしたらカンタンかもしれません。その一線は越えないまでも、心は彼に持っていかれて「夫より凄く好き、今、いちばん大切にしたい」のだとしたら、プラトニックの方が肉体関係より根深いというか、罪深いのかも(笑)。
Commented by zuzumiya at 2014-07-19 23:50
続き。
そう考えると、夫婦ってやっぱり月並みな言い方ですが、恋人同士の恋を引きずりながらも徐々に家族としての愛の方へ変わっていくことを「失なった」のでなく「変わっていくものなのだ」と受け入れていく方が心の平安につながると最近は考えています。恋のようなときめきは失くなってしまうけど、それと引き換えに家族であることには揺るぎない安寧がもたらされたわけだし。
理想とされる夫婦のカタチとかメディアで煽られても、夫婦のカタチはそれぞれの夫婦が自分たちで探して居心地のいいものを作っていくしかないというところを私たち女性は忘れがちなのかもしれません。いつだって女性は自分の幸福を誰かと比べて隣の芝生ばかりをよきものとして見てきましたからね(笑)。老子じゃないけど「足るを知る」というか、持っていることの幸福をときおり再確認しつつ、生きていかなきゃいけないのかもしれませんね。別居をしてみて、“夫婦”でなく、“家族”をバラバラにしてしまったと考えたら、ずしんとくるものがあります。
Commented by zuzumiya at 2014-07-22 14:40
みみ様、いろいろと訊ねてみたいこともあるんですが、コメントの返信でなく、ブログに記事として書いてみたいと思いますので少々お待ちを。すみません。
Commented by きたけい at 2014-07-27 05:22 x
昼顔面白いです。
不妊治療頑張ってた時は、流産のコミュニティーで、未婚で妊娠してるのに風俗で本番やって流産したとか言ってる若い娘とか、筋腫のコミュニティーで、大学生の娘が居るのに、不倫相手の子供が欲しい。でももう子宮が無くてつらいとか言ってる人とか、デキ婚とかにかなり嫌悪感ありましたが、不妊治療やめたら、全っ然っっ嫌悪感なくなりました!
うらやましがりながら、楽しく見てます☆
あのドラマは、ファンタジーです。魔法の国のお話と一緒です。
Commented by きたけい at 2014-07-27 05:38 x
セリフが「おお!いい事ゆーなー」と思います。

夫は妻を冷蔵庫同然にしか見なくなる。ドアをあけたら、いつでも食べ物が入ってると思ってる。壊れたら不便なのに、メンテナンスなんてしたことない
とか
男の人はいつもズルイ。 ドアを叩くくせに自分では開けようとしません
女が鍵を開けてここだよと優しく声をかけなければ何事もなかったふりをして通り過ぎてしまうのです
とかなんとか。
自分には当てはまりませんが、おおー!って思います!ウマイ!!って。ファンタジ~~☆☆
Commented by きたけい at 2014-07-27 05:48 x
去年だかに、政府が閣議で、結婚していない男女間の子(婚外子)の遺産相続分を法律上の夫婦の子(嫡出子)の半分とする規定を削除する民法改正案を決定したとかゆうニュースを見て以来、考えてるんですが、子供の言い分からしたらそうかもしれないけど、奥さんからしたら、なんでやねん!じゃあ結婚てなんやねん!!って感じですよね?
ワタシ的には、国が不倫OK!って認めたのと一緒じゃないのかな?と。
この事も、私の不倫容認のハードルを下げた要因です。
Commented by きたけい at 2014-07-27 05:59 x
で、
この頃思うのが、石田純一さんの「不倫は文化」事件ですね。

これだけ、映画やらテレビやらで取り上げて、
やっぱ「文化」じゃん!
石田純一、別に、悪くないじゃん!って。

国も認めてるじゃん!!って思います。

なんか、悲しい思いをする人が居ないよーに、うまい事・・・ルール?・・・?なんだろ?
なんかうまい事不倫を文化に昇華させる方法がありませんかね?
Commented by zuzumiya at 2014-08-23 07:30
きたけいさん、ずっとコメントつけてなくてすみませんでした。きたけいさんの「不妊治療やめたら、デキ婚とかに嫌悪感がなくなった」というのがどういうことかなと思います。なんだかわかるようで、でも…と考えてました。自分で掘り下げてみたことありますか? 「昼顔」はやはり女性を視聴者としてターゲットにしているので女性ウケするセリフを、つまり溜飲を下げるような、本音のセリフをどれだけ入れられるかなんでしょうね。「半沢直樹」みたいな社会派ドラマを好むような男性陣も話題性で引っ張ってこれれば、女性の本音のセリフもいくらか届くのに、と思ってしまいます。ま、本音を聞いたところでビクともしないのが男性ですが(笑)。

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧