暮らしのまなざし

母と女は共存できるのか?ドラマ「プラトニック」のジレンマ

日曜の夜10時からBSプレミアムでやるドラマ『プラトニック』が楽しみだ。
移植しか術のない重い心臓病の娘を持つシングルマザー(中山美穂)がある晩、ふらっと自殺サイトを覗いて、思わず「死にたいなら娘に心臓をください」と書き込んでしまう。そこへアクセスしてきたのが脳腫瘍で余命数ヶ月の青年(堂本剛)。
移植法の定めによって、青年が娘の父親にならなければ脳死後、優先的に娘に心臓が移植できないとわかった二人は偽装結婚を選ぶのだが…。
病児を持つ母親の宿命として、妻であることも女であることも捨て去って生きてきたが、青年との出会いと共に生きる暮らしの中で、おそらくは忘れていた恋心のようなものが芽生えてしまうんだろう。大事な娘の生命を守るために、大事な彼の生命が尽きる日を待たねばならない自分。そんなジレンマに苦悩する難しい役どころに中山美穂が挑戦する。
筋書きとしては文句なく面白い。脚本は一筋縄ではいかないラブストーリーが上手な野島伸司。初回から堂本剛くんの控えめな演技に(彼の顔はミュージシャンのジャック・ホワイトに似てないか?)こちらも恋心に火がついた(笑)。
[PR]



by zuzumiya | 2014-06-01 09:01 | わたしのお気に入り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/19855285
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧