暮らしのまなざし

みんなしぶとく生きているなぁ

スーパーの帰り道、住宅街ですごいお爺さんとすれ違った。
最初はよく見かける老人の手押し車(押しながら歩き、疲れたら座って休憩もでき、座椅子の部分はささやかな収納ボックスになっているもの)だと思ったが、近づくにつれ、お爺さんが押しているのはさっき出てきたスーパーのカートだとわかった。
「あ、そうか。この近くに住んでいて、家までカートで押して帰って、返しにきたのだな」と思った。カートにはちゃんとスーパーのかごも乗せてあったが、でも中にはお爺さんのかばんがぽつんと入っている。
もしや。お爺さんは勝手にスーパーのカートとかごを拝借して家に持ち帰り、次に買い物に行くときにまたカートを押して何食わぬ顔をしてやってくるのではなかろうか。駐車場の方からお爺さんが現れたら、ぱっと見、カートとかごを返しにきた人にしか見えないだろうし、買い物を終えて駐車場の方へ帰って行けば、車まで運んで行っているとしか思えない。爺さん、考えたな、と思った。
そのまま、住宅街を歩いて帰っていくと今度はまたすごいお婆さんを見かけた。
後ろから自転車に乗って現れ、私を追い越し、自宅に入っていったのだが、その被っている帽子がすごかった。黒いキャップの後ろにぐるりとボタンどめされて肩まで黒い布が垂れていた。どうやら首の日よけになっているらしいが、怖かったのは前の部分である。
自転車を止めているときに見えたのだが、顔までそのまま真っ黒なのである。
ドキリとしてよく見られなかったが、思うにあれは、黒いメッシュなのだろう。目のあたりはメッシュで抜けて、目の下は首と同じ黒い布で完全ガードしてあったと思う。養蜂家の蜂よけネットのような姿だった。
オバサンに人気のあるロボコップみたいな顔全部を覆う日よけ板のついたサンバイザーも怖いが、黒布で前も後ろもぜんぶ覆ってしまう養蜂家帽子も怖い。こうなるとじきに日本女性もアラブ女性のように頭部から上半身まで黒布でぜんぶ包んじゃう日も近いかもしれない。
[PR]



by zuzumiya | 2014-05-31 18:33 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/19853476
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

またしても優男にやられる
at 2017-04-30 06:59
どんな町に住みたいですか?
at 2017-04-29 22:22
家の表情
at 2017-04-29 09:14
有資格と無資格の保育
at 2017-04-26 23:15
認めてくれたのかな
at 2017-04-23 14:08

検索

ブログジャンル

画像一覧