暮らしのまなざし

力量の見栄

たとえば同じ給料同じ立場で働く二人がいる。Aさんは全体の動きを見て、機転を利かせてよく立ち働く。Bさんは明けても暮れても決められたことしかせずに「Aさんがいてくれるから」と自分から進んで動いてやろうともしない。人は不思議なもので、Aさんが頑張ってなんとか全体がうまく回っているのであれば、Bさんの動きの鈍さには目をつぶり、「あの人はあれで仕方がない」と諦めてしまうものらしい。結果、同じ給料同じ立場なのにAさんだけがひたすら動き回って苦労損になる。Aさんはその図式に頭に来て、力をBさん並みにセーブすると、周囲の人は「最近Aさん、どうしちゃったの?」と今度は不満を持つだろう。Aさんは一度周囲に見せてしまった力量をもう落とすわけにはいかないのだ。BさんはAさんの陰に隠れ、人から期待も評価もされないぶん、マイペースに仕事ができ、“自分の持ち場をきちんとこなしている感”がある。
つくづくずるいヤツだなと私は思う。
[PR]



by zuzumiya | 2014-05-26 21:53 | ちっちゃい器で生きていく | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/19836692
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

宿題終了
at 2017-05-28 22:00
お疲れ様はエレカシで
at 2017-05-26 21:05
今、いちばん困っていること
at 2017-05-25 22:11
最近、久しぶりにマジに笑ったこと
at 2017-05-23 20:14
夢のなかの街
at 2017-05-20 09:32

最新のコメント

検索

ブログジャンル