家族でいよう

私が別居していても離婚しないのはなぜか。ひとえに何もかも失うのが怖い、からだ。
いろいろと考えてみたんだが、自分はこの人生において何もかもが中途半端で、何かひとつのことをやり続けること、やり遂げること(理想だった!)ができなかった。なぜだかわからん。性格が飽きっぽいのかもしれないし、チャンスはそれなりにあったとは思うが、ここぞという時の勇気や決断力やふんばりに欠けちゃったのかもしれない。で、そういう生半可な自分がそれでもひとつ、「やり遂げたのかもしれないな」と思えることは、結婚して子供を生んで育てて自分の家族を持ったことだ。「そんなの、みんなしてる。大したことじゃない」と思うだろうか。
人間には二つの側面がある。社会における自分と家庭における自分。社会的にはなんらカッコイイことはできなかったし、仕事といっても私じゃなくても代わりがきくような世界にいた。だけど、家族のなかでは唯一無二の頼れる母であり、妻であったと思う。
こういうところ、実に人生はうまくできているなと思う。社会的に成功しなくても、あんまりパッとしない人でも、家族がいれば、家族にとってその人は大事な、失いたくない、代わりのきかない唯一無二の愛しい存在でいられる。そういう存在感、特別な感じって、人生においてそうそう得られない、かけがえのないことだと思う。
家族を解体しちゃうのは、いちばん大事な自分の価値を自分で捨て去ること、立ってる足元が崩れていくようで、怖い。「家族だけは自分の味方」という最後の砦を壊して、ひとり荒野に立てるかというとやっぱり心細くてできないのだ。この怖さが実は、今まで家族にのほほんと守られていたということであり、幸福だったことの証なんだろう。
人生において、何かをして名をあげることももちろん凄くて立派だが、平凡だけどささやかなことかもしれないけど、家族を作って育んで、壊さないで、その結果、DNAとか思い出とか家訓とか美意識とか価値観とかもろもろを後世に繋いでいく、残していく、っていうこともよくよく考えれば凄いことなんだなと、今思えてる。
[PR]
by zuzumiya | 2014-05-22 16:11 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/19822016
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

今を歌え!
at 2017-11-18 15:32
ペットショップの恐るべきおば..
at 2017-11-05 13:55
不眠症かも…
at 2017-10-28 21:53
謝り癖
at 2017-10-25 22:09
母の孤独、私の孤独
at 2017-10-22 15:11

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧