暮らしのまなざし

自分はどんな老人になるんだろう

職場の人たちとときどき、「どんなふうに老いたいか」について冗談交じりに話すことがある。「○○さんみたいに明るい感じで老いたら、みんなに好かれていいよね」「自分はきっと頻尿で××さんタイプになって、『トイレがお部屋ね』なんて皮肉言われたりして」という具合。頻尿になって呆れられるんだろうと笑って話す介護士に、私は人間的な温もりを感じて安心した。
こういう会話は不謹慎だと思われがちだが、私はそうは思わない。いつも介護している側が、反対に介護してもらう側に立って、あらためて、老いて不自由な我が身を想像するいいチャンスだと私は思う。自分たちだって年老いたら、あんなふうに車椅子に座って何をするにも誰かの世話になる。そういう思いを頭の隅に置いておかないと、知らず知らずのうちに介護する側は「してやってる」と傲慢になってしまう。自分たちが日頃している介護というものを、自分が老人になってから果たして受けたいと思うか。この施設に親や身内を入れたいと思うか。自分が入りたいと思うか。そういう観点で時には仕事を見直すことが必要だと思う。要は単純なことなのだ。自分がやられて嫌なことは人にしない、ただそれだけだ。
[PR]



by zuzumiya | 2014-04-04 21:37 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/19643661
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?
by zuzumiya
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

またしても優男にやられる
at 2017-04-30 06:59
どんな町に住みたいですか?
at 2017-04-29 22:22
家の表情
at 2017-04-29 09:14
有資格と無資格の保育
at 2017-04-26 23:15
認めてくれたのかな
at 2017-04-23 14:08

検索

ブログジャンル

画像一覧