文章を読むことは会話なのかも

a0158124_14304713.png初めての川上未映子作品『愛の夢とか』読了。
噂に違わず、ほんとに一文が長い。書き写してみると読点もない。そして、ひらがなが多い。(これらが更にある種のくどさに繋がるのかもしれない)。
考えるそばから思いつく言葉を矢継ぎ早に口にして、あるいは、よりよく相手にイメージしてもらおうと躍起になって言葉を重ねて、気づいたら、一人でえんえんとしゃべって自己完結していく女友達の終わらない話を聞かされているかのような疲労感もあり。
文章を読むこともひとつの会話のようなものであること。読者を聞き手役ばかりに追いやらないことなど感じた。それでも、胸にくるいい表現はあり。

<こちらを少しもみることもなく後ろを通り過ぎられること。いつもとおなじ流れの中に、いつもとは違うもの、もう違ってしまったものがはっきりとまぎれていて、それがいちばんに届くこと。> 「いちご畑が永遠につづいてゆくのだから」より

<わたしはどうしていつも自分で自分を置き去りにして、すぐにそれを迎えにゆくような恥かしい真似を飽きもせずにこうしてくりかえすことができるのだろう。> 
「いちご畑が永遠につづいてゆくのだから」より

<ふいにどうしようもない淋しさがこみあげてきた。それはこれまで感じたことのある淋しさのいろんな部分が都合よく混ぜあわさった淋しさで、何がそんなに淋しいのか、自分でもよくわからなかった。わたしは何歳になっても、わからないことばっかりだ。それで、わからないことに安心しているのだ。そして、わからないと言いながら、ただこんなふうに淋しくなることだけがいつまでもできて、こんなことをただくりかえして、それで年をとっていつまでもこんなふうにひとりきりでおんなじ場所に立ち尽くしたまま、そうやって、わたしはいつまでだって、そうやっていくのだ。>
「日曜日はどこへ」より

<生きてるひとをすくうのは、すくえるのは、どうやったって生きてるにんげんでしか、ないんだった。だいじな人がいるなら生きていなければならないんだな。おなじところに、おなじようにいなければだめなんだな、はなれるとかわかれるとかっていうのはほんとうはこういうことだったんだな、ひとはつよくて、いきていくだけのかろうじてのつよさがあれば、そのうちいきているひとがだれか、だれかがきっと、またちからをくれて、ちからをきっとくれるだろう、いきていれば、いきているだれかが。>
 「十三月怪談」より


でも、得意の比喩がなんだかよくわからないで、さほどの効果なく終わることもある。

<それに知らない家の知らない女の人のまえに座って知らないソファにもたれて知らない話をきいていると、喉からへそにかけての何かがゆるやかになっていく感じもした。それは誰かにとっては自分だってただの知らない人なのだというそんなあたりまえのことを、手のひらをやさしくにぎってそこを指でなぞってそっと教えてくれるような、そんんなあてのないゆるやかさだった。> 「愛の夢とか」より

こういう比喩、あるいはもう少し考えてみればこういう比喩も可能だと、ひとつのことをまるで「ああ言えばこういう」的に畳み掛けていく文章は、言葉遊びの延長ようにうるさく感じられて、私はあまり好きじゃないけれど、詩人でもある川上さんの個性といえば個性なのかな。私はこの人の個性はそういうところじゃなくて、上で挙げた「わからないと言いながら、ただこんなふうに淋しくなることだけがいつまでもできて」のような、淋しさの本質みたいなものを見抜くそのなかにある気がするけど。
[PR]
by zuzumiya | 2014-02-24 15:01 | 日々のいろいろ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://zuzumiya.exblog.jp/tb/19500874
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


ふだんの暮らしに息づいているたいせつなもの、見つめてみませんか?


by zuzumiya

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

※このブログの無断な転載はご遠慮願います。

最新の記事

男たちの話
at 2017-10-16 17:16
よだかがここにもいた
at 2017-10-15 17:15
休んでも忙しかったってどうい..
at 2017-10-10 21:37
ネコメンタリー、いいよ。
at 2017-10-09 16:00
フケ顔読書
at 2017-10-09 08:05

最新のコメント

検索

ブログジャンル

画像一覧